ビタミンCの弱みを改善した「ビタミンC誘導体」

「ビタミンC誘導体」は、厚生労働省から認定を受けた医薬部外品に該当する美白成分です。
ビタミンCと言えば、ニキビやシミを始めとした肌ケアに効果的なものですよね。

ビタミンC誘導体とビタミンCの違いを比べながら、特徴や美白に役立つ効果を調べました。
敏感肌の人にとっても嬉しいポイント、そして気になる点がわかりました。

ビタミンC誘導体の成分と特徴について

ビタミンCには、老化を招く活性酸素を除去したり、ニキビやシミなどを改善する効果があります。

ですが、空気や水により効果が弱まったり、また肌への浸透力も低いという弱点がありました。
その弱点を改善したのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、肌表面だけでなく角質層までその効果を浸透させてくれます。
そして、肌に吸収されたのち酵素反応によって、ビタミンCへと変化していくのです。

ビタミンCの弱みを改善して、肌に効果的なアプローチをしてくれるビタミンC誘導体。
とても優れた成分と特徴を兼ね備えています。

ビタミンC誘導体の美白効果とは

ビタミンC誘導体は水溶性、脂溶性、新型の3タイプがあります。
医薬部外品に使われている美白成分の中では、水溶性が多く使われています。

美白効果としては、ビタミンCの強みであるチロシナーゼを抑制という働きをしてくれます。

日焼けやシミ、そばかす、くすみなどの原因となるメラニンの生成。
このメラニンの生成活動に必要な酵素に、チロシナーゼがあります。

つまり、この成分はメラニンの生成を抑制させることで、美白へのアプローチとなっているのです。

スポンサーリンク

ちなみに、ビタミンC誘導体の成分で「美白効果」という言葉を使えるのは医薬部外品だけ。
医薬部外品ではない化粧品にビタミンC誘導体が入っていても、その言葉を使うことはできません。

「ビタミンC誘導体が入っているけど、美白について何も書いていない」という化粧品。
こういった商品は、この理由のためである場合が多いようです。

また、新型ビタミンC誘導体は、水溶性と脂溶性の両方の強みを兼ね備えた新しい成分です。
ですが、この成分はまだ厚労省からの認可は受けていません。(2014年現在)

ビタミンC誘導体の気をつけたい点

敏感肌の人にも美白ケアとして、ビタミンC誘導体は効果的な成分です。
紫外線を浴びることでダメージとなるような光毒性の性質もありません。
ですが、使い方や選び方によっては、刺激を招いたり肌トラブルの恐れがあるので注意が必要です。

特に、水溶性ビタミンC誘導体は皮脂分泌の働きもあるため、乾燥を感じることがあります。
脂溶性ビタミンC誘導体が配合されているものや、保湿をしっかり行うようにしましょう。

また、医薬部外品では配合量が規制されています。
一見、高濃度の方が高い効果をもつイメージですが、肌への強い刺激を伴います。
ビタミンC誘導体の濃度だけで選ばないようにしましょう。

気をつけたいポイントさえ注意すれば、敏感肌の人にも大変役立つ美白ケア成分です。
正しい知識で使いこなしていくのが大切ですね。

スポンサーリンク