日焼け止めの役割と正しい使い方

日焼け止めと言えば乳液やクリームが一般的。
ですが、最近では様々なタイプが展開されています。

それぞれ特徴はありますが、日焼け止めの役割や目的はもちろん同じです。

日焼け止めの役割について知ると、紫外線の種類や正しい使い方の大切さ。
そして、敏感肌の人が気をつけたいポイントが見えてきました。

日焼け止めの役割は「紫外線によるダメージを防ぐ」こと

紫外線は目には見えない電磁波。
日焼け止めは、この浴びた紫外線を肌へ浸透させないためのアイテムです。

この紫外線の中でも、近紫外線と言われる波長が日焼けに影響してくるものです。

その波長のなかでも、光老化と言われるシミやシワ、たるみの原因となる「UV-A」。
赤みや炎症、色素沈着、シミの原因となる「UV-B」の2種類があります。

どちらの波長もそれぞれ特徴がありますが、紫外線を肌へ浸透させないようにするのは同じこと。

  • 赤みや炎症
  • メラニンの生成(色素沈着やシミ、シワ、たるみ)

これらを防いでいくことが、日焼け止めの役割となってきます。

日焼け止めの種類は使い分けに役立つ

今では、乳液やジェル以外にも色々なタイプの日焼け止めがあります。
どんなものがあるのか、日焼け止めの種類と特徴をまとめました。

乳液・クリーム・ジェルタイプ

日焼け止めで最もポピュラーなタイプ。
伸びが良いのが特徴で、手に適量をとって塗ります。
外出前の日焼け止め対策にオススメです。

シートタイプ

外出中の塗り直しに便利なのがこのタイプ。
日焼け止めに加えて、汗を拭うのにも役立ちます。
ですが、清涼感のあるタイプだとエタノールが配合されている場合があります。
敏感肌の人はこの点を注意しましょう。

スプレータイプ

外出前の手が届きにくい背中や脚の裏に使いやすいタイプ。
また、手が汚れることもないため外出中の塗り直しにも便利なアイテムです。

パウダータイプ

メイクをした場合でも、日焼け止めの塗り直しに役立つのがこのタイプ。
最近では鉱物由来のミネラルを配合しているものもあります。
高い紫外線防止効果と低刺激を両立させたアイテムが増えてきました。

このように特徴を知ると、日焼け止めを使い分けるのに役立ちますね。

スポンサーリンク

日焼け止めの正しい「塗り方」で目的をしっかり

日焼け止めが紫外線を防ぐ仕組みは、主に2種類あります。

ひとつは浴びた紫外線を肌の上で、反射させて侵入を防ぐ「紫外線散乱剤」。
もうひとつは紫外線を熱などに変化させて侵入を防ぐ「紫外線吸収剤」です。

それぞれ種類は違いますが、「紫外線を防ぐ」ことは同じです。

日焼け止めを使う目的は「紫外線を防ぐ」というのが第一です。
しかし、敏感肌の人は「日焼け止めで起こる肌への刺激」を防ぐことも考えなければいけません。

  • 汗や汚れをふき取って肌のコンディションを整える
  • 乳液・ジェル・クリームタイプの場合、1円玉程度の適量をムラなく伸ばす
  • 塗り忘れがないように繰り返し全体に塗る
  • 鼻や頬、肩、首の後ろなど日焼けしやすい部分に重ねて塗る

このような正しい塗り方で、日焼け止めを使いましょう。
汗をかいた肌に塗って、日焼け止めが落ちることのないようにするのがポイントです。

また、一度に大量の日焼け止めを塗って、一回で終わらせようとすると塗りムラができます。
塗り忘れたところが日焼けをしたり、日焼け止めが大量について肌への刺激となることもあります。
少量を丁寧に塗るように、心がけましょう。

また、説明書に書かれている「塗り直しの目安時間」。

これは、日焼け止めの効果が弱まってくるタイミングでもあります。
そのため、こまめに塗り直すことも覚えておきましょう。

敏感肌なら覚えておきたい「落とし方」の大切さ

「日焼け止めで起こる肌への刺激」を防ぐなら、日焼け止めの落とし方も重要です。
日焼け止めが肌に残ってしまうと、毛穴の詰まりや肌荒れといったダメージへと繋がります。

次のような正しい方法で、しっかりと肌に塗った日焼け止めを落としていきましょう。

  • なるべく早いタイミングで
  • 洗顔料やクレンジング剤を使って落とす
  • 水ではなくお湯を使うようにする
  • ゴシゴシ擦らず、丁寧に落としていく
  • 終わったらきちんと拭き、肌のコンディションを整える

敏感肌の人なら、日焼け止めの目的、正しい塗り方や落とし方を知ることも大事になってきます。

スポンサーリンク