敏感肌の美白は難しい!気になる刺激の解決策

年代や肌質を問わず「肌の悩み」として聞こえてくるのが美白です。
効果的な美白をしていきたいものの、敏感肌の人なら他にも気になる部分が多いでしょう。

敏感肌の人が抱える、美白ケアへの不安や不満を踏まえて効果的な方法についてまとめました。
肌の状態と美白ケア成分を意識した「刺激を抑える取り組み」が大切になってきます。

敏感肌の人が抱える肌ケアへの不満

敏感肌の人が抱えている肌ケアへの不満は深刻。
さまざまな刺激が肌へのダメージとなってしまい、思うような肌ケアができません。

身体の外から受ける刺激

ホコリやチリ、紫外線、花粉など

スキンケア用品の成分が刺激

アルコールや防腐剤、着色料など

お手入れをする際の手順による刺激

ゴシゴシ洗顔、叩きすぎるパッティングなど

身体の中から受ける刺激

ホルモンバランスやターンオーバーの乱れなど

敏感肌は、肌の水分や油分のバランスが乱れて、バリア機能が低下している状態です。
そのため、健康な肌なら気にならない程度の刺激でも、敏感肌の場合には違ってくるのです。

スポンサーリンク

美白ケアが難しいと言われる理由

また敏感肌の人の場合、美白ケアは難しいと言われています。
その理由は、敏感肌のため「美白ケアで刺激」を感じてしまうからです。

例えば、次のようなことが挙げられます。

  • 紫外線を防ぐための日焼け止めが刺激になってまう
  • 美白成分の効果が強すぎて刺激を感じてしまう

また、敏感肌特有の「美白効果のわかりにくさ」の為でもあります。

  • 肌荒れによる炎症性色素沈着が起きやすい
  • バリア機能の低下により適切な効果が発揮できていない

こういったことから、敏感肌の人は美白ケアが難しいと言われているのです。

敏感肌向け美白ケアに大切なこと

敏感肌向けの美白ケア。
難しいと言われる理由を覗いてみると「刺激」と「効果のわかりにくさ」だと分かってきました。

そこで「刺激を抑えた成分選びや正しい使い方」に注目するのが大切です。

いくら美白効果が高くても、刺激が強い成分ならば敏感肌の人にはオススメできません。
刺激やダメージを負ってしまっては、新たな炎症性色素沈着を招いてしまう恐れもあるからです。
もちろん、敏感肌の状態改善にも足かせとなってしまいます。

刺激を抑えた成分選びや正しい使い方をする。
そうすれば安全に美白ケアができるだけでなく、敏感肌の改善にもサポートとなってくれます。

残念ながら美白ケアは、どんな肌質や肌の状態であってもすぐに改善することはありません。
そのため、時間をかけたケアの付き合い方が求められます。

時間をかけたケアだからこそ、刺激を抑えた使い方が大切になってきます。
敏感肌を意識した美白ケアに取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク