スキンケア用品で取り組む紫外線対策

今では美白ケアと言えば日焼け止めだけではありません。

スキンケア用品でも、紫外線対策ができるアイテムが多く展開されています。
美白ケアに役立つスキンケア用品の、特徴やメリット・デメリットをまとめました。

特に、敏感肌の人なら覚えておきたい注意点もいくつか見えてきました。

スキンケア用品の特徴・メリット・デメリットについて

クレンジング・洗顔料

美白ケアを売りにしている「クレンジング・洗顔料」ではどんな特徴があるでしょうか。
主に「細かい泡で汚れをしっかり落とす」「汚れを落として潤いはキープする」。
こういった、肌の環境作りへのアプローチを意識したものが多いようです。

もちろん紫外線によるダメージや肌の悩みを、直接改善させるものではありません。
しかし「肌の基礎作り」として美白ケアだけでなく、敏感肌ケアとしても役立ってくれます。

ただ、美白ケアが売りの場合、古い角質を落とすピーリング効果が含まれている場合も。
敏感肌の人には刺激が強すぎる可能性があるため、個人的にはオススメしません。
ピーリングが刺激とならないよう、適量や回数をしっかり守って使うようにしましょう。

化粧水・乳液

「化粧水・乳液」では、非常にたくさん美白ケア向けのアイテムが用意されています。
なかでも医薬部外品の化粧水や乳液。
紫外線を浴びることで招くシミやくすみの予防に、効果的な美白成分が配合されています。

また、保湿で肌のコンディションを整えてくれる為、ターンオーバーを正常に導いてくれます。
これもシミやくすみの予防に大切です。

ですがあまり美白成分を追い求めると、肌への刺激となってしまう可能性が。
その為、肌への負担を考えて、国内では美白成分の配合量も制限されています。

化粧水や乳液は、健やかな肌作りやターンオーバーの正常化を促すのに大変役立つアイテム。
保湿や潤いを意識しながら、肌への負担を抑えた美白ケアとして扱うのが良いでしょう。

さらに、最近ではノーメークの人向けに日焼け止め対策が施された乳液もあります。
紫外線散乱剤や紫外線吸収剤が配合されていることも。
特にしっかり丁寧に、クレンジングをして落とすことも忘れないようにしましょう。

美容液・クリーム・スペシャルケア

「美容液・クリーム・スペシャルケア」は、化粧水や乳液と比べて美白成分が多いアイテム。
その為、美白ケアにはとても有効です。
しっかり美白ケアをしたい人には欠かせないスキンケア用品となってくるでしょう。

とは言え、これらのアイテムは比較的高価なスキンケア用品となってきます。
しかしコストを抑える為に化粧水や乳液なしで、美容液だけをつけるのは肌に良くありません。
きちんと化粧水と乳液を使い、プラスαとしてこれらのアイテムを使っていきましょう。

また配合量も多い分、美白成分によっては強い刺激となるものもあります。
「成分量や成分濃度が高い=美白効果がある」ではなく「=刺激となる可能性が高い」。
という可能性も忘れないように、選んでいくことが大切です。

化粧下地

「化粧下地」では、美白成分の配合よりも紫外線対策が施されたアイテムが多く出ています。
こういったものには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤など、紫外線を防ぐ効果が配合されています。
これらは薄いメイクやノーメイクの人でも使える「日焼け対策」として人気です。

また他にも、保湿や美白成分が配合されているものもあります。
仕事柄メイクが欠かせない人でも美白ケアとして役立ってくれます。

ですが、メイクをしている人はもちろん、化粧下地だけ使う人でも。
クレンジングはしっかり行わなければいけません。
洗い残しで毛穴が詰まったり、酸化して肌荒れなど肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。

また敏感肌の場合、前後のスキンケアやメイク用品との組み合わせで刺激を招くことも。
光や時間による変化で刺激になる可能性もあります。

化粧下地では、使いやすさや肌なじみを重視してしまいがち。
しかし、肌への負担もしっかり意識していくことが大切なのです。

自分にとって負担のない美白ケアを!

スキンケア用品で取り組む紫外線対策も、それぞれに特徴や効果の違いがあります。
中には敏感肌の人なら避けた方が良いと感じるものもありました。

口コミや広告で人気のものであっても、安易に取り入れるのはやめましょう。
よく見極め、自分にとって負担のない美白ケアをしていくことが大切ですね。