白斑問題で話題になった成分「ロドデノール」

「ロドデノール」は、厚生労働省の許可を受けた美白成分でした。
あの「白斑問題」の成分と聞けば、ピンと来る人も多いかもしれません。

ロドデノールが美白成分として認可された理由や効果。
そして白斑問題のトラブルや現状についてまとめました。

現在、ロドデノールが使われた化粧品は販売されていません。
しかし、知識として覚えておく事も大切です。

ロドデノールの成分と美白効果について

ロドデノールは、大手化粧品メーカーが開発した美白成分です。
2008年に厚生労働省の認可も受け、医薬部外品の化粧品に配合されていました。

その美白作用は、メラニンの生成をブロックする「チロシナーゼの抑制」。
また、黒色メラニンである「ユウメラニンを減少させる」効果があると紹介されていました。

ロドデノールの白斑問題

このロドデノールが配合された美白化粧品を使うと、まだらに肌が白くなるトラブルが起きました。
これが、あの「白斑問題」です。
テレビや新聞の報道で既に多くの人が知っている問題ですね。

ちなみに原料は白樺エキスと公式では言われていましたが、実は天然成分を元に合成した独自成分。
また、他のメーカーの白樺エキスが使われた化粧品からは白斑問題の報告は出ていません。
あくまでもロドデノールの問題として考えられています。

とは言え、もちろん様々な実験から安全性を見出したうえで認可がおりた美白成分。
ロドデノールが原因と言うところは掴めましたが、次のような理由から正確な原因がわかりません。

スポンサーリンク

  • どのような特徴の人が使ったのか(年代や肌質、肌トラブルなど)
  • どのようなタイミングで使ったのか
  • 他にどんな成分が含まれた化粧品と組み合わせて使ったか
  • 保存や保管方法はどうだったのか
  • 適量や使用回数など正しい使い方を行ったのか

様々な使用状況が考えられるため、未だ明確な原因は分からないのです。

気になるロドデノールが配合された美白化粧品

2013年、開発メーカー及びロドデノールを配合した化粧品を販売した関連会社は自主回収を発表。
消費者庁も「ただちに使用を中止し、相談窓口に連絡する」ことを呼び掛けました。
そのため、現在ロドデノールが配合された美白化粧品の取り扱いはありません。

その為、まずはロドデノールによるこれからの不安については問題ありません。
しかし、ロドデノールはかつては認可も向けた美白成分。
「他の美白成分の安全性は大丈夫なのか?」という不安も残ります。

現在はロドデノール以外の成分で大きな肌トラブルの報告はありません。
またこの白斑問題の事もあり、改めて安全性の確認も行われました。

ですが「これから」については万が一のこともあります。
もしも肌に違和感やかゆみ、赤み、かぶれ、その他の悪い症状が起きた場合。
ただちに使用を中止するようにしましょう。

また、その時の体調や使い方、使用状況などメモに残しておくのも良いと思います。
のちに病院にかかったり、万が一ロドデノールの問題のように発展した場合に役に立つでしょう。

この問題は、被害にあった方だけでなく皆が、化粧品の安全性を考えさせられました。
効果だけでなく「肌や人体に影響を及ぼす」認識をしっかり持つことが大切です。

スポンサーリンク