美白ケアの「予防」で紫外線対策を

美白ケアは人によって求めるものは違いますが「予防」の大切さは同じです。

毎日の生活で日焼けを防ぐことは、シミやそばかすを作らない大事なステップ。
更には、ターンオーバーや肌のハリ、ツヤ、潤いにも影響してきます。

予防の意味や様々な影響を知ると、敏感肌の人なら特に気をつけたいポイントが見えてきました。

美白ケアの「予防」とは「紫外線対策」

美白ケアで大切な「予防」と言えば、何といっても「紫外線対策」です。

紫外線を浴びることで、肌は赤みや炎症などのダメージを敏感にキャッチします。
そして、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトが「メラニン」を生成。
このメラニンが、紫外線を深く浸透させないように活発な働きをしていきます。

メラニンは本来、ターンオーバーによって最後は排出されるものです。
しかし紫外線やホルモンバランスの乱れ、肌への刺激などでメラニンが残ったままになることも…。
これが日焼けやシミ、くすみ、そばかすの原因へとなってしまうのです。

紫外線による次のような症状。

  • 赤みや炎症
  • メラニンの過剰生成
  • ターンオーバーの乱れ

これらを防ぐために、紫外線対策が大切になってくるのです。

スポンサーリンク

更に「予防」が大切になってくるワケ

敏感肌の人には、この美白ケアを意識した「予防」は他の意味でも大切になってきます。

紫外線を浴びると肌はダメージを防ごうと活動的になり、角質層が厚く肌も固くなってしまいます。
時には、ターンオーバーが正しく行われても、古くなった角質層が残ってしまうことも。
また、ターンオーバー自体が乱れて、ますます肌が固くなってしまうこともあります。

すると次のような、様々な肌トラブルを招く恐れが出てしまうのです。

  • ニキビ
  • 乾燥
  • 肌のバリア機能低下
  • 肌荒れ

一見、油脂が原因の「ニキビ」と潤いが足りない「乾燥」は真逆に思いがちです。
しかしこれは、水分が失われることで発生する毛穴の詰まりによるもの。
いわゆる「大人ニキビ」と言われる状態です。

このように、紫外線によって水分が足りない肌になってしまうと、様々な症状が出てきます。
敏感肌の人が紫外線対策をすることは、これらの肌トラブルを防ぐことにも役立ってくれるのです。

敏感肌の人だからこそ、「美白の為だけではない紫外線予防の大切さ」ですね。

敏感肌だからこそ気をつけたいこと

ですが敏感肌だからと言ってやみくもに紫外線対策をしても、間違っている可能性もあります。

  • 日焼け止めの仕組みと正しい使い方
  • 敏感肌向けの日焼け止め選び方・付き合い方
  • スキンケア用品で取り組む紫外線対策
  • 小物アイテムを使った紫外線対策

まずは、これらの正しい知識や使い方、選び方、色々な予防法を知ることが大切です。
そして、自分の肌状態にピッタリな紫外線対策をしていくのが、一番良い予防と言えますね。

スポンサーリンク