負担が少なくてオススメ「紫外線散乱剤」

日焼け止めでよく使われているのが「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤フリーと紹介する日焼け止め用品では、この成分が使われています。
紫外線散乱剤の効果や特徴を調べると、敏感肌の人にオススメの成分だというのがわかりました。
とは言え、人によっては刺激となる場合もあるので注意が必要です。

紫外線散乱剤の成分と仕組みから、敏感肌への刺激についてもまとめました。

紫外線散乱剤の成分と特徴について

紫外線散乱剤の成分では一般的に、次の様な粉末や細かく砕かれた白色顔料が使われています。

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

「酸化亜鉛」は紫外線散乱以外にも収れん、保護、防腐作用などもある成分です。
おしろいに使われていた鉛白よりも毒性が低いため、メイク用品にもよく使われます。

また「酸化チタン」のうちアナタース型は、消臭や殺菌にも使われますが刺激が強すぎます。
そのため、スキンケアやメイク用品では、ルチル型という刺激を抑えた成分が使われています。

紫外線散乱剤の仕組みとは

紫外線散乱剤は、文字通り紫外線を散乱させることで日焼けを防いでいます。

酸化亜鉛や酸化チタンといった白色顔料は、光を反射させる働きをもっています。
そこで、その粒子を肌表面にまとうことで、受けた紫外線を反射させているのです。

日焼けやシミは、紫外線から肌を守ろうとしてできる「メラニンの生成」が原因です。
紫外線散乱剤を使って紫外線の浸透を防ぎ、メラニンの生成を抑えること。
このことが、美白対策として役立ってくれます。

敏感肌に紫外線散乱剤が良い理由

紫外線散乱剤は紫外線吸収剤と違い、肌の上で化学反応を起こさないので刺激も少なめです。

また、働きが弱まってくることもないため、過剰な付け直しも不要。
UV-AとUV-Bとどちらの種類も反射させることができるので、肌への負担を抑えることができます。

敏感肌の人が日焼け止めを選ぶなら、肌への負担が抑えられる「紫外線散乱剤」がオススメです。

紫外線散乱剤の気をつけたい点

ですが紫外線散乱剤でも、敏感肌だからこそ気をつけたい点もあります。
それは、肌の老化やダメージに繋がる「活性酸素が発生する」という点です。

よく紫外線散乱剤は「塗ると肌が白くなる」というデメリットが指摘されました。
その為、最近ではナノサイズに加工して、白さを軽減した商品もでるようになっています。

しかし、白さは軽減されますがナノサイズになることで、活性酸素の酸化力は高まってしまいます。
また、その成分自体が肌へ浸透してしまっては、肌トラブルに繋がる恐れも。

そこで、白さを軽減しつつ酸化力も意識した加工にコーティング加工というのがあります。
この加工は酸化力も抑え、ナノサイズであってもコーティングにより肌への浸透も防いでくれます。
そのため、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

敏感肌の人が、紫外線散乱剤を使うときのポイントは以下の通り。

  • ナノサイズなど小さく加工された成分を求めない
  • 白さが気になるなら、コーティング加工された成分を選ぶ

こういったように「酸化力」を意識して選んでいくのが、大切になってきます。