美白ケアとあわせて取り組みたい肌ケア「保湿」

美白ケアというと、紫外線による日焼け予防や、美白へのアプローチが真っ先に思い浮かびます。

ですが、あわせて保湿のケアをする事も、とても大切になってくるのです。
紫外線が招く乾燥と、美白ケアで欠かせない保湿についてまとめました。

特に敏感肌の人や、紫外線を浴びたからと慌てて美白ケアをする人は要注意です。

紫外線と乾燥の意外な関係

紫外線というと、日焼けやシミ、そばかすを防ぐことに集中してしまいがち。
ですが、保湿を意識した肌ケアもとても大切です。

紫外線の中でも、肌の表面に留まる波長が短い「UV-B」。
この影響を大きく受けた日焼けは「サンバーン」といいます。
この日焼けは紫外線を浴びた数時間後から、赤みや炎症といった症状が出てきます。

数日後に色素沈着が始まる日焼けは「サンタン」といいます。
サンバーンはサンタンとは違って、すぐにシミや日焼けが発生するわけではありません。

ですが、赤みや炎症がでている肌は、バリア機能も低下し肌は非常にデリケートな状態。
肌表面の保護機能も失われて水分が蒸発し、肌はとても乾燥しているのです。

潤いは美白ケアにも欠かせない?!

また、潤いは「サンタン」の日焼けにも欠かせません。

数日後に色素沈着がはじまる「サンタン」の日焼けは、すぐに赤みや炎症が出ません。
しかしターンオーバーが正常に行われないと、シミやくすみへと繋がってしまいます。

ターンオーバーには、バランスが整えられた健康的な肌が大切。
それには、しっかりと水分を与えて潤いを保つことが良いサポートとなります。

「今日は紫外線をたっぷり浴びたから」といって慌てて美白ケアをする人もいるでしょう。
でも炎症した肌には、美白ケア用品がかえって刺激となることもあります。

まずは「潤いを与える保湿」をすること。
美白ケアとして正しいファーストステップと言えます。

敏感肌にも保湿は大切

敏感肌の場合、肌はバリア機能が低下して水分と油分のバランスも崩れています。
暑い夏の時期だからといって水分を与えていないと、肌は冬と同じように乾燥してしまいます。

そのため保湿は美白ケアとしてだけでなく、敏感肌としても欠かせません。

美白ケアとして日焼け止めや帽子、カーディガンなどで紫外線を防ぐのも大切です。
しかし保湿をすることで、敏感肌にも美白ケアにも有効なスキンケアが実現できます。

美白ケアと敏感肌の両方から考えた「保湿を意識した美白ケア」に取り組んでいきましょう。