スキンケアを使った「対策」で美白ケア

美白ケアは、人によって求めるものは違いますが「予防」の大切さは共通しています。

毎日の生活で日焼けを防ぐことは、シミやそばかすを作らない大事なステップ。
更には、ターンオーバーや肌のハリ、ツヤ、潤いにも影響してきます。

予防法の意味や様々な影響を知ると、敏感肌の人なら特に気をつけたいポイントも見えてきました。

美白ケアの「対策」とは「肌作り」

美白ケアで大切な「対策」と言えば、何といっても「肌作り」です。

紫外線を防ぐことで、これからできるかもしれない日焼けやシミ、くすみを「予防」する。
そして、すでに気になる悩みの「対策」は、「肌作り」で取り組んでいきます。

「肌を白くしたい」「シミを消したい」と思い、美白ケアに取り組む人は多いでしょう。

ですが、出来てしまった日焼けやシミ、くすみ。
これらは紫外線を浴びたことによる、メラニンの過剰生成が原因です。

またシミやそばかすの原因は、遺伝や加齢、ホルモンバランスの乱れによることもあります。

そのため「絶対に白くなる」「必ずシミが消える」という美白ケア用品はありません。
もし、そのような美白ケア用品があるなら薬事法違反の恐れがあります。

ですが中には、厚生労働省が美白効果があると認めた成分もあります。
それは医薬部外品の美白化粧品にあたるものです。

とは言え、医薬部外品で効果をまったく感じず、一般の化粧品で美白効果を実感する人も。
では「じゃあ美白ケアの対策には何が良いの?」と悩ましいところですね。
美白ケアにはまず、このような「肌作り」を心がけていきましょう。

スポンサーリンク

  • 水分と油分のバランスを整える
  • メラニンの過剰生成を抑える
  • ターンオーバーを正常にする

紫外線による日焼けやシミ、そばかすはメラニンの過剰生成が原因。
ですが本来、それはターンオーバーで排出されるべきものです。
ターンオーバーが乱れることで過剰なメラニンが残り、日焼けやシミ、そばかすになるのです。

また紫外線以外が原因でも、紫外線で更に日焼けやシミが拡大したり濃くなることもあります。
その為どんな種類や原因でも共通して、この3つの点を押さえた「肌作り」が役立ってくるのです。

更に敏感肌なら、これらのポイントは肌のバリア機能を高めるのにも良いアプローチとなります。

特に肌が乾燥や肌荒れで、少しの刺激でも大きなダメージを受ける状態の時。
水分と油分のバランスや正常なターンオーバーは、「健やかで強い肌」に欠かせません。
時間がかかる取り組みになりますが「肌作り」は敏感肌にとっても、大切な対策になってくれます。

敏感肌だからこそ気をつけたいこと

敏感肌だからと言って、やみくもに美白ケアの対策を行うのはいけません。
美白ケア用品を使うことによる、肌への刺激も考えてあげる必要があります。

  • 美白化粧品の定義
  • 美白化粧品の仕組みと使い方
  • 美白化粧品 敏感肌向けの選び方と付き合い方
  • 敏感肌の人が美白化粧品使うときの注意点

まずは、これらの正しい知識や使い方、選び方、対策の方法を知ることが大切です。
そして、自分の肌に一番良い美白ケア用品を選び、対策をするのが一番良い肌作りと言えますね。

スポンサーリンク