皮膚科でも処方されている安心成分「ルシノール」

「ルシノール」は、厚生労働省から認定を受けた医薬部外品に使われる美白成分です。

また、レーザーシミ取りでも難しいと言われている肝斑に有効との結果も出ています。
そのため皮膚科でも処方されている、刺激の少ない成分。
そんなルシノールが持つ特徴や美白への効果、気を付けたい注意点をまとめました。

アルブチンと似た働きをするルシノールですが、その働き方は大きく違っています。

ルシノールの成分と特徴について

「ルシノール」は、大手化粧品メーカーPOLAが開発した美白成分。

実はルシノールは商標名で、正確には「4-n-ブチルレゾルシノール」という成分名です。
成分原料は、モミの葉を改良して作られていて、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

このルシノールは、同じく美白成分であるアルブチンよりも優れた浸透力を持っています。
また、美白効果はアルブチンの数百倍と言われています。

そして、女性ホルモンの影響が大きいと考えられている肝斑にも効果的。
刺激が少ないので、皮膚科で肝斑の治療に処方されている成分でもあります。

ルシノールの美白効果とは

ルシノールの美白効果はチロシナーゼを抑制するという働きです。

チロシナーゼはメラニンの生成活動に必要な酵素のひとつ。
紫外線を浴びると、肌へのダメージを防ごうとメラニンの生成が活発に行われます。
これが日焼やシミ、そばかす、くすみなどの原因へと繋がっています。

アルブチンと似た働きですが、大きく違う点は「メラニンロック機能」と呼ばれる働き方。

通常、メラニンの生成はチロシナーゼとチロシンが合わさることで行われます。
ルシノールはチロシンと似た構造となっていて、ルシノールがチロナーゼと合体します。
そうすることで、メラニンの生成を防いでいるのです。

ルシノールは、このような働き方でメラニンの生成を抑制。
美白へのアプローチとなってくれています。

ルシノールの気をつけたい点

ルシノールの働きであるチロシナーゼの抑制は、あくまで「シミの予防」です。
「すでにできてしまったシミ」を薄くしたり消すことはできません。

できてしまったシミには「これ以上濃くしない」という考え方でケアをしていきましょう。

また皮膚科でも処方されるので、敏感肌の人も含めて気になる刺激や副作用はありません。
しかし以前、スキンケア用品で肌トラブルの経験がある場合。
一緒に配合された成分が、刺激となってしまう恐れもあります。

初めてルシノール配合のスキンケア用品を使うなら、パッチテストも忘れずに行いましょう。