医療に頼る美白ケア「レーザーシミ取り」について

美白ケアでは、医療に頼る「レーザーシミ取り」という施術を受ける選択肢もあります。

この施術は、直接メラニン色素を除去します。
なので、美白向けスキンケアで肌荒れを招いてしまう敏感肌の人には嬉しい方法かもしれません。

そんなレーザーシミ取りについて、施術内容やメリットとデメリット。
また、気になるポイントなどをまとめました。

肌への負担だけでなく、費用や時間、手間暇などを判断するのも大切になってきます。

レーザーシミ取りとはどんなもの?

レーザーシミ取りとは、メラニンの色に反応するレーザーの特性を活かした施術です。
直接レーザーを照射することで、シミの原因となるメラニンを除去していくのです。

レーザーシミ取りは、肌に直接刺激を与える医療行為にあたります。
そのため、医師のいる医院やクリニックでのみ受けることができます。

少し前までは、次のような意見もありました。

  • 肝斑のシミはレーザーで取れない
  • 強い刺激で肌がダメージを受ける
  • レーザーのせいでさらにシミが増えた

ですが、現在では医療の技術も進み、様々なシミに対応できるようになりました。
また人それぞれが抱えるシミと肌への負担を、個別に考えた取り組みが行われています。

ちなみに、医師のいない違法行為によるレーザーシミ取りも横行しています。
効果を高めると言いながら強すぎるレーザーを照射したり、アフターケアを全然しなかったり。
また無駄に時間をかけたりして、トラブルとなるケースが多くありました。

「レーザーによるダメージやシミの発生」という話。
このような違法行為による炎症性色素沈着が、原因ではないかと思われます。

メリットは何と言っても高いシミ取りの効果

レーザーシミ取りのメリットは、何と言っても高いシミ取りの効果です。

濃さや広さに関係なく、奥深くにあるメラニン色素にもレーザーは照射できます。
なので、長年悩んでいたシミを除去することができます。

また、完治すればシミはなくなります。
スキンケア用品で肌トラブルを招いてしまう敏感肌の人など。
心配しながら美白ケアを行わなくても済むようになります。

効果に時間がかかるスキンケア用品での美白ケアとは違い、すぐ結果が出るのも魅力的ですね。

デメリットは費用の準備とアフターケア、クリニックの見極め

スキンケア用品でシミ取りにかかるトータルの費用を考えたとき。

「レーザーシミ取りの方が安上がり」なんて思う人もいるかもしれません。
しかしやはり施術を受ける度の出費や、コースの料金を考えると高く感じてしまいます。

また施術後はアフターケアを怠ると、炎症性色素沈着という新たなシミが発生してしまう恐れも。
薬を出してくれるクリニックもありますが、アフターケアはしっかり自分でしましょう。

炎症性色素沈着が起きるのはレーザーの種類や強さ、時間も影響しています。
「安く抑えたい」「効率良く終わらせたい」と思いクリニックを選んではいけません。
個人で違うシミの種類や状態を判断して、適切な処置をしてくれるクリニックを選ぶ事が大切です。

ちなみに、肝斑は通常のシミと違い色が薄いのが特徴。
他のシミと同じようにレーザー当ててしまうと刺激が強すぎてしまいます。

特に肝斑のシミでは、「正しく判断する医師と適正な施術が行える設備」。
この両方が揃ったクリニックが必要となってきます。

相場や術後、気になるあれこれ

一般的に相場は、大きさや回数、シミの数を単位として1回数千円、顔全体で5万円前後。
一部では保険が適用されることもありますが、基本的には自由診療となっています。

そして施術時間は、10~30分程度で、前後に準備やケアが行われます。
痛みは極力抑えられていますが、まったくないわけではありません。
チクチクとした我慢できる程度の痛みを感じますが、ほぼ翌日には痛みも取れる人が多いようです。

また、シミの種類によっては"かさぶた"となり、剥がれ落ちることでシミが薄くなっていきます。
その場合は、通常の紫外線や炎症を気にする以外にも感染を防ぐ対策も重要。
処方された塗り薬で、指示を受けた通りの正しいケアをこまめに行う必要があります。

まずはカウンセリングや相談から

スキンケア用品でかぶれてしまうような敏感肌の人の場合。
医療に頼る美白ケアでのシミ取りも有効になってきます。

とは言えもちろんデメリットや、医療レーザーによるトラブルが起きているのも事実です。

今では、無料のカウンセリングや相談サービスを用意しているクリニックも多いようです。
まずはそこから初めてみるのがオススメです。