小物アイテムを使った紫外線対策も効果的

美白ケアの紫外線対策と言えば、日焼け止めクリームなどが最もポピュラーです。
とは言え肌への負担を考えると、極力使いたくないというのが本音なんてことも…。

また気がつかないうちに塗りムラができて、日焼けをしてしまったらガッカリです。
そこで、小物アイテムを使った紫外線対策をご紹介します。

敏感肌の人でも安心の便利アイテムや、効果的な使い方のアドバイスもまとめました。

紫外線対策に役立つ小物アイテムのやり方・使い方

日傘

パッとさすだけで紫外線対策ができる便利な小物アイテム。
屋内と屋外の出入りが多いときや、短時間の外出に役立ってくれます。
紫外線対策として使うならUV加工が施されているか、紫外線吸収の優れた黒が良いでしょう。

また、地面の照り返しによる反射も考慮して、内張りの色にもこだわりを!
白やシルバーといった薄い色は、見た目や暑さ対策にも良いのでつい選んでしまいがち。
ですが紫外線対策を考えるなら、色が濃いものを選びましょう。

カーディガン

紫外線を防ぐのに加えて、室内の寒さ対策にも使える小物アイテムです。
紫外線対策が施されたカーディガンは、繊維や製品に紫外線吸収剤が付着しています。

素材は綿や麻も快適ですが、紫外線を防ぐならレーヨンなどが効果的と言われています。
そのため敏感肌の人で、繊維で刺激を感じた経験がある人は素材にも注意しましょう。
また洗濯することで、紫外線吸収剤の効果は1~2年で薄れてしまいます。

スポンサーリンク

帽子

紫外線対策はもちろんのこと、熱中症を防ぐのにも使える小物アイテム。
こちらも色は黒や濃い色、またはUV加工が施されたのが良いでしょう。

特に見落としがちなのは、ショートヘアやボブスタイル、ロングヘアのアップの髪型の場合。
首の後ろが紫外線を浴びてしまいがちです。

特に敏感肌の人は、紫外線を浴びて首の後ろが日焼けに乾燥、ニキビ、肌荒れになる可能性も。
紫外線対策としてなら、つばの大きなものや後ろが首まで伸びているタイプがオススメです。

アームカバー

洗濯干しや自転車での買い物、庭いじり…など、毎日の紫外線対策に便利な小物アイテムです。
暑い夏は半袖で薄手の洋服を着ますが、腕の日焼けも気になるところ…。
アームカバーなら、付けるのも簡単なので目的にあわせて使い分けることができます。

腕は特に紫外線を浴びやすい場所ですが、暑さも感じやすい部分。
そのため、二重構造で内側がメッシュ加工が施されているのが便利です。
これなら外側はUV加工がされているのがほとんどなので、色もお好みで選ぶことができます。

サングラス

目に浴びた紫外線は、敏感肌の人だけではなく誰もが気になります。
目に紫外線を浴びてしまった場合でも、体内では肌と同じようにメラニンを生成します。
そして、目だけでなく別の場所にもシミができてしまうことがあるのです。

そのため、サングラスで目の紫外線を対策することが大切です。
一見、色の濃いサングラスを選びがちですが、サングラスを選ぶ基準は色ではありません。

  • 「紫外線透過率」の低い数値
  • 「紫外線カット率」の高い数値

これらのことが書かれたサングラスを選ぶようにしましょう。

上手に使いこなせば心強いパートナー!

小物アイテムで取り組む紫外線対策も、それぞれに特徴や効果の違いがあります。
効果的な選び方やポイントに加えて、中には敏感肌の人なら気をつけたい注意点も見えてきました。

紫外線対策が施された小物アイテムも、おしゃれで可愛いデザインがたくさん増えてきています。
夏のおしゃれアイテムとして、お気に入りのものを選ぶ楽しさもありますよ!

スポンサーリンク