優れているけど気をつけたい「ハイドロキノン」

「ハイドロキノン」は、かつて医薬品として医師の処方が必要だった成分です。
2002年の薬事法改正により、市販化粧品でも配合され購入できるようになりました。

「肌の漂白剤」とも言われ、海外でも美白ケアとして使われている成分。
そのハイドロキノンが持つ特徴や美白への効果、気を付けたい注意点をまとめました。

効果は優れていますが、特に敏感肌の人は気を付けて使うべき成分です。

ハイドロキノンの成分と特徴について

ハイドロキノンはかつて写真の現像や農薬にも使われていた成分。
使用者の手が白かったことから、ハイドロキノンの美白効果が発見されたと言われています。

そんなハイドロキノンは、以前は医薬品としての扱いだったため医師の処方が必要でした。
今は薬事法の改正により、市販化粧品にも配合され自分で購入することができます。

別名「肌の漂白剤」とも言われるハイドロキノン。
海外ではすでに有名な美白ケア成分です。

日本で美白と言えば、ビタミンCやアルブチンが一般的。
ですが、これらと比べて数10倍~100倍の効果をハイドロキノンは持っています。

ハイドロキノンの美白効果とは

ハイドロキノンの美白効果はチロシナーゼを抑制するという働きです。

チロシナーゼはメラニンの生成活動に必要な酵素のひとつ。
紫外線を浴びると、肌へのダメージを防ごうとメラニンの生成が活発に行われます。
これが日焼やシミ、そばかす、くすみなどの原因へと繋がるのです。

またハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも言われます。
メラニン色素を淡色化する、還元作用を兼ね備えているのも特徴のひとつ。
すでにできてしまったシミにも、効果的な美白ケアとして役立ってくれます。

ちなみに厚生労働省が認可した美白成分にアルブチンがあります。
この成分は、このハイドロキノンの美白効果を改良したものです。

スポンサーリンク

ハイドロキノンの気をつけたい点

「これからできるかもしれないシミの予防」と「すでにできてしまったシミへの対策」。
ハイドロキノンはこの両方をケアできる優れた成分です。

ですが、敏感肌の人が使う美白ケアとしてはオススメできません。

医師の処方が必要だったように、効果が優れている分、刺激が大変強い成分でもあります。
特にハイドロキノンの濃度と、効果や副作用の関係について注目してみました。

ハイドロキノンの濃度と予想される効果・副作用

  • 5%以上
    皮膚科の治療でも扱われる濃度。
    すぐれた効果がありますが、副作用による赤みやかぶれ、炎症などのリスクを招く可能性も。
    市販の化粧品で長期間の使用などは避けた方が良いでしょう。
  • 2%~5%
    比較的副作用のリスクも抑えられた、美白ケアに推奨されている成分です。
    とは言え、敏感肌の人ならば、まだまだ強い刺激となる場合もあるので注意が必要です。
  • 2%未満
    効果はやや劣りますが、その分安全に使用できる濃度と言われています。
    ですが、こちらも敏感肌の人ならば、負担となってしまう恐れがあります。

以上のようになっており、濃度によって効果や副作用に違いがあります。
最も少ない2%未満でも、人によっては赤みやかゆみ、かぶれを引き起こす可能性があるのです。

また、ハイドロキノンが酸化してできる「ベンゾキノン」は、刺激が強い成分です。
そのため酸化すると、肌へ強いダメージを招いてしまう危険性もあります。

ハイドロキノンはきちんと使い方を見極めて使えば、とても優れた美白効果が期待できます。
ですが他の成分に比べ、刺激も大変強いので正しい判断力が求められます。

敏感肌の人が安心して美白ケアを行いたいならば、避けた方がよい美白成分でしょう。
むしろ、改良されたアルブチンのほうがオススメだと思います。

スポンサーリンク