「美白ケア」で求めるものは人それぞれ

「美白ケアをしたい!」と思っても、その求める効果は人によって違います。

肌を明るくしたい、シミを消したい、くすみをなくしたい…。
期待する効果やきっかけ、原因を覗いてみると、ただ日焼けを防ぐだけが解決策とは言えません。

美白に関する種類や原因を知ると、どんな効果でも共通した大切なヒントが見えてきます。
特に敏感肌だからこそ、気をつけなければいけない点もあるようです。

「美白ケア」といっても色々な種類がある

美白ケアを求める人は、実に多いです。

  • 日焼けをしたくない
  • 肌をワントーン明るくしたい
  • これからシミやくすみを作らないようにしたい
  • このシミを消したい…
  • シワやくすみのためにケアしたい

しかし美白に求める効果は、人によってさまざま。
まずは、自分が「美白ケアで求める効果は何か」を知ることが第一歩となります。

スポンサーリンク

ちょっと複雑?美白が必要となる色々な原因

紫外線を浴びて日焼けをすると、「シミやそばかす」の原因になる。
このことは、誰もが耳にしたことのある話だと思います。

ですがそのシミやそばかすも、細かく見るといくつかの種類に分かれています。

老人性色素斑

一般的に「シミ」と言われる中で最も多いのが、この紫外線による「老人性色素斑」。
紫外線が多く当たっていた場所に現れやすいのが特徴です。
老人性と名が付きますが、30歳を過ぎた頃からだんだんと現れてきます。

炎症性色素沈着

炎症や赤みが変化したことで、できてしまうのが「炎症性色素沈着」です。
これはニキビ、ムダ毛処理、肌荒れなどの刺激やダメージが原因となっています。
ですが、紫外線がきっかけとなり更に濃いシミへと変化していう恐れがあります。

肝斑

色が薄く左右対称に出来るのが特徴的なシミ「肝斑」。
女性ホルモンの影響が大きく30代~40代から現れはじめ、閉経後は消えると言われています。
場合により、妊娠中やピルの服用により出てくる場合もあります。

そばかす

幼少期から現れることが多いのが「そばかす」です。
シミとして扱うにはあまりにも早い感じですが、原因は遺伝による影響が大きいようです。
紫外線を浴び続けることで、そばかすの色が濃くなったり数が増えてしまうことがあります。

また肌の明るさ、くすみに関しても様々な原因が考えられます。

  • 紫外線
  • 血行不良
  • ターンオーバーの乱れ
  • 乾燥
  • 毛穴の汚れ
  • 老化

このように一口に「シミ」といっても、種類や原因などは様々です。
更にくすみや肌の明るさについても考慮すると、考えられる原因は多岐にわたってきます。

効果的な「美白ケア」とは?

シミや肌のくすみなどは、色々な原因が考えられます。
種類によっては、ケアで結果を出すのはとても時間がかかってしまう場合も。
しかし原因がありすぎて「どれからケアを始めたらいいのかわからない」場合も多いでしょう。

そこで美白ケアに向けた「予防」と「対策」に取り組んでいくことを提案します。

  • 原因や新たなきっかけとってしまう紫外線を防ぐ「予防」
  • すでに気になる悩みへの「対策」

この双方向から美白ケアをしていくのが大切になってきます。

そして、敏感肌の場合。
予防や対策で起きる「刺激」の可能性も考えなければいけません。

紫外線対策や美白ケアを考えたのに、日焼け止めや化粧水などで肌トラブルを起こしまう…。
そんなことも起きないように、幅広い視野での刺激も考えるようにしましょう。

これが、敏感肌の人が取り組む美白ケアでの基本になってきます。

スポンサーリンク