【美白の飲み物】身体の中からアプローチする美白ケア

美白ケアで大切な予防と対策。

体の外からだけでなく、中からもアプローチすることができます。
美白ケアに役立つ注目の栄養素から、その働きや多く含まれる食材などをまとめました。

個人的にとってもオススメなのが、ローズヒップです。

美白ケアに役立つ注目の栄養素

体の中から取り入れる美白ケア。
それは、美白への働きに役立つ「肌が喜ぶ栄養素」に注目するのがポイントです。

β-カロテン(ビタミンA)

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAへと変わる前駆体です。
このβ-カロテンは、抗酸化作用をもっているという特徴があります。
紫外線を浴びるとできる活性酸素を抑える働きをしてくれるので、美白ケアに役立ちます。

ただし、ビタミンAが不足しているとβ-カロテンは機能しません。
ビタミンAも保湿や新陳代謝に良いアプローチとなってくれますが、美白ケアを考えるなら…。
動物性食品でビタミンAを取りながら、β-カロテンも摂取していくのがオススメです。

β-カロテンを多く含む食材

にんじん、ほうれんそう、かぼちゃ、にら、小松菜…など。

ビタミンC

美肌や美白ケアにビタミンCはお馴染みの栄養素ですね。
ビタミンCは、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあります。
また、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用も兼ね備えています。
まさに美白ケアにピッタリな栄養素ですね。

ビタミンCは抗酸化作用に加え、コラーゲンの体内生成でも欠かせない栄養素。
美白だけでなくトータル的な美容ケアとしても欠かせない栄養素と言えます。

ビタミンCを多く含む食材

ピーマン、パセリ、苺、キウイ、レモン…など

スポンサーリンク

ビタミンE

強力な抗酸化作用を働きかけてくれる栄養素です。
紫外線を浴びることによって生まれた活性酸素を、抑えるのに欠かせません。

また、シミやくすみの原因と言われている酸化を防止する効果も。
そのため、幅広い美白ケアに役立ちます。
更に、血行促進もあり肌のターンオーバーにも良いアプローチができます。

ビタミンEを多く含む食材

あゆ、いわし、たらこ、大根、かぼちゃ…など

アミノ酸(タンパク質)

タンパク質に含まれるアミノ酸。
活性酸素を除去する抗酸化作用や、ターンオーバーに役立つ血行促進の作用があります。
また美白ケアに大切なコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。

更に、ビタミンAやCとの相乗効果も期待できます。
そのため、これらの成分と共にタンパク質の摂取もあわせて取り入れるのがオススメです。
特に、動物性タンパク質は20種類以上ものアミノ酸が含まれています。

アミノ酸を多く含む食材

牛肉、豚肉、鶏肉、卵、バター…など

個人的にオススメな「ローズヒップ」の提案

また、個人的にとてもオススメなのが「ローズヒップ」です。

ローズヒップは、ハーブティーのローズヒップティーで有名ですね。
ですが、実はレモンの20倍以上ものビタミンCを含んでいます。
そのため美容にとっても、優秀な存在です。

さらに、抗酸化作用でお馴染みのリコピンやビタミンB群、ビタミンEも含まれています。
中でも、リコピンはメラニン生成に必要な酵素「チロシナーゼ」を抑制する特徴があります。
美白へのアプローチに大変役立ってくれます。

ローズヒップは、植物由来であるバラの果実が原料の、オーガニックコスメでも人気な成分。
そのため、敏感肌の人でも安心して取り入れることができるでしょう。

ところで、ビタミンCは熱に弱いと言う弱点をもっています。
しかしローズヒップの場合は、それを補うビタミンPもあわせて配合されています。
なので、ホットでローズヒップティーを飲んでも効果は失われないのです。

毎日の休憩やリラックスタイムに、ローズヒップティーを飲んでみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク