【敏感肌向け日焼け止め】正しい選び方と付き合い方

美白ケアと言えば、浴びる紫外線を防ぐための日焼け止めは欠かせないアイテムです。
しかし敏感肌の人なら、日焼け止めから受ける刺激も気になるところ…。

改めて日焼け止めの基礎から、覚えておきたい注意点までをまとめました。
日焼け止めの仕組みや効果の違いを知ると、肌荒れを防ぐための選び方に役立ってくれます。

日焼け止めの仕組みとは?「UV-A」「UV-B」について

はじめに日焼け止めの仕組みについて覗いてみると、2つの種類に分かれます。

浴びた紫外線を、細かい粒子で反射させることで防ぐ「紫外線散乱剤」。
もうひとつは、紫外線を成分が吸収して肌への浸透を防ぐ「紫外線吸収剤」です。

仕組みは違いますが、それぞれの目的は同じで肌へ紫外線を浸透させないようにすることです。
このことにより、日焼けやシミ、そばかすの原因となるメラニンの生成を防いでいるのです。

また、紫外線にも種類があります。
中でも近紫外線と言われる、一部分が日焼けに影響してくる波長。
よく耳にする「UV-A」と「UV-B」という2種類です。

UV-A

長い波長が特徴的で、肌の奥深くへ侵入することが可能です。
肌はこの波長の侵入を防ごうとして、メラニンの生成を活発に行います。
最近では「光老化」と言われるシミやシワ、たるみの原因になっていることが分かりました。
目に見えるダメージがすぐにわからず、気がつかないうちに浴びていることが多いようです。

UV-B

短い波長が特徴的で、肌の表面(表皮)に届きます。
浴びることで直接ダメージを受けるため、日焼けによる赤みや炎症を招くことも。
また、そのダメージを察知した肌はメラニンを生成して、保護する働きを行います。
そのため、こちらも色素沈着やシミの原因となってしまうこともあるようです。

効果を見極めるSPFやPAは刺激のチェックにも使える

この2種類の紫外線を防ぐカギとなるのが、こちらもお馴染みの言葉「SPF」や「PA」です。

なんとなく「SPFが高い方が良い」「PAの+はなんだろう?」と思いながら選んでいることも…。
ですが、このSPFやPAの数字は、肌への刺激を見極めるポイントにもなってきます。

スポンサーリンク

SPF(Sun Protection Factor)

紫外線を浴びたときに、日焼けが始まるまでの時間を何倍長くできるかを表しています。
例えば、SPF30の日焼け止めを塗った場合。

  • 日焼けが通常20分かかる人ならば、20×30=600分
  • 約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できます

そのため、ちょっとした家事や外出と、海や山のイベントなど紫外線の強さは影響受けません。

PA(Protection Grade of UVA)

UV-Aの防止効果を表す数値のことです。
紫外線を浴びたときにできる、日焼けに加えシワやたるみの原因を防止効果を表しています。

  • 「+」「++」「+++」「++++」などの段階にわけられます
  • 「+」の数が多いほどUV-Aの防止効果が高くなっています

SPFやPAの正しい意味を知ると、今までの選び方が間違っていたというのが見えてきます。

また当然、SPFやPAは高ければ高いほど、肌への負担も高くなってきます。
肌への刺激を見極めるのにも役立つので、特に敏感肌の人はSPFやPAについて覚えておきましょう。

日焼け止めの正しい使い方と注意点

そして、この日焼け止めの効果を最大限に活用するなら、正しい使い方も大切。
日常生活ならば「SPF20~30、PA++」程度を正しく使えば充分です。

また、肌が日焼け止めで白くなるからと過剰に伸ばして塗ることも良くありません。
効果が落ちてしまったり、塗り忘れができてダメージを受けてしまいます。

そして、酸化したり古くなった日焼け止めも使うのはやめましょう。
成分自体が肌への刺激となってしまう可能性があります。

そのため、次の点をしっかり押さえておきましょう。

  • 目的に見合ったSPFやPAの数値を選ぶ
  • 日焼け止めは伸ばしすぎず適量を塗る
  • 酸化したり古くなった日焼け止めを使わない

また、正しい使い方としては「日焼け止めを落とす」ことも忘れてはいけません。
家に帰ったら丁寧に日焼け止めを洗い流し、しっかり肌ケアをしてあげましょう。

スポンサーリンク