刺激を抑えた漂泊作用をもつ「アルブチン」

「アルブチン」は、漂泊作用を持つハイドロキノンが含まれている成分です。

厚生労働省から認定を受けた、医薬部外品に使われる美白成分でもあります。
アルブチンが持つ特徴や美白への効果、気を付けたい注意点をまとめました。

優れた効果をもつアルブチンですが、特に覚えておきたい刺激も見えてきました。

アルブチンの成分と特徴について

「アルブチン」は、ハイドロキノンを主にした成分です。

天然のハイドロキノン配糖体である「β-アルブチン」。
更にオリゴ糖を結合させ、効果や安定、安全性を高めた「α-アルブチン」があります。

アルブチンに含まれているハイドロキノンも、同じく美白成分のひとつ。
「肌の漂白剤」と言われるこの成分は、優れた美白効果を持つのが特徴です。

皮膚科でも処方されるハイドロキノン。
ですが、優れた美白効果であるため効果が強く感じてしまうことがあります。

そこで、美白効果を維持しつつ負担を抑えた成分が、この「アルブチン」なのです。

アルブチンはハイドロキノンと比べ、効果がでるのに時間がかかります。
しかしその分、安心して使うことができる 成分と言えるでしょう。

敏感肌の人なら、ハイドロキノンよりも負担を抑えたアルブチンがオススメです。

アルブチンの美白効果とは

アルブチンは、コケモモや梨といった植物から抽出される自然由来成分です。

オリゴ糖を結合した「α-アルブチン」は「β-アルブチン」よりも性能が良い成分です。
そのため、最近では美白ケアにこちらがよく使われています。

美白効果の働きは同じで、ハイドロキノンと似たチロシナーゼを抑制する働きします。

チロシナーゼはメラニンの生成活動に必要な酵素のひとつ。
紫外線を浴びると、肌へのダメージを防ごうとメラニンの生成が活発に行われます。
これが日焼やシミ、そばかす、くすみなどの原因へと繋がっているのです。

アルブチンは、メラニンの生成を抑制させることで、美白へアプローチしてくれるのです。

アルブチンの気をつけたい点

アルブチンは、遺伝の影響が強いと言われる「そばかす」。
また、赤みを残した「ニキビ跡」にも効果が期待できると言われています。

とは言え、アルブチンの働きは「これからできる(であろう)シミへの予防」となっています。
「すでにできてしまったシミ」を薄くしたり消すことはできません。

また、植物から抽出された自然由来成分ですが、敏感肌の人は気をつけたい点も。
中には、天然成分を改良し美白効果を高めた「合成アルブチン」も存在しているからです。

もちろんこれは効果が高い分、スピードや働きが優れているかもしれません。
ですが、逆にその作用が刺激になってしまう恐れがあるため注意が必要です。

敏感肌の人なら、合成よりも天然アルブチンを選ぶのが良いと思います。