不安を解消!ローズウォーターについての心配事Q&A

ローズウォーターに興味があるけど、色々不安な点もある…という方へ。

値段や肌への刺激、また香りの強さなど、なかなか聞きにくい不安点をまとめました。
正しく知ることで、不安も解消しましょう。

Q.値段は高い?コスパは良いの?

色々な場所に使えるローズウォーター。
贅沢なバラと、時間をかけた製法で高級品なイメージ…。

ですが、化粧水と同じくらいの値段で販売されている事が多いです。

ここで、実際にローズウォーターを販売している3社を集めてみました。
一緒に抽出されるローズオイルも、ちょっと見比べてみましょう。

ローズオイル ローズウォーター
A社1g7,000円100ml1,700円
B社3g6,000円200ml2,100円
C社2ml1,500円30ml600円
ローズオイルは量も少なく、値段もお高め

ローズオイルも、ローズウォーターと一緒に精製されます。
ですが、その取れる量の少なさから、高級な値段になっています。

ローズウォーターは形式も豊富

シュッと吹きかけるミスト状は、コストパフォーマンスも非常に良いです。
人気となった今では、より使いやすく量が多い、ボトルサイズなどの展開も増えています。
初めてならミストタイプ、慣れてきたらボトルタイプの使い方がオススメです。

ローズオイルは贅沢品なイメージがあります。
ですが、ローズウォーターの場合は、もっと身近で手軽に使うアイテム。
製法や内容はオイルと同じでも、より安価で親しみやすくなっています。

スポンサーリンク

Q.敏感肌でも大丈夫?

肌への刺激を考えて悩んでいる方に、ぜひ知ってもらいたい点。
ローズウォーターは、オーガニック・コスメとして扱われています。

無農薬や、化学肥料を使わない有機栽培で育てた、バラの花びらを使って抽出。
さらに、その水も天然水やミネラル水といった、自然を元に作られた製品になっています。

アイテムによっては、より目的の効果を高めるため、成分を追加している場合もあります。
エタノールやアルコールなどが、入っていないローズウォーターを利用すれば安心です。

まさに、敏感肌や刺激に弱い方にこそ、使ってもらいたいアイテムと言えます。
もちろん、赤ちゃんや小さなお子さんにも利用できます。
最近の若い方は、妊娠や出産のプレゼントに選ぶ事も増えてきました。

Q.口に入ったら心配!

ローズウォーターは飲用としての活用方法もあるので、もちろん口に入っても大丈夫です。

ただ、化粧水や消臭ミストなどを目的とした場合は、別の成分を入れている事もあります。
そのため、飲用もできるローズウォーターかどうか、確認することが大切です。
また、飲用向けとして販売しているローズウォーターもあります。

初めてのローズウォーター選びでは、その成分チェックも忘れずに行いましょう。

Q.香りがキツくて刺激が強そう…

香水や空間ミストなどは、バラの香料を使った製品が多いです。
ですがローズウォーターは、本物のバラの花びらから抽出しています。

人工的ではない、程よい強さの自然なバラの香りを味わう楽しさ。
収穫や製造期間、バラの種類で、香りの強さに差をつけたローズウォーターもあります。
使いなれてきたら、こんな違いで楽しむのもオススメです。

スポンサーリンク