【顔】ローズウォーターのスキンケア使いで悩みにアプローチ!

今回は、ローズウォーターを使ったスキンケアの活用術をご紹介します。

普段のお手入れに役立つ、ローズウォーターの効能を活かしていきましょう。
また、スキンケアとして使う際の注意点も、あわせてご確認ください。

洗顔料に使う

角質培養や、肌への負担軽減に行っている人も多い「水洗顔」。
洗顔料を使わずに、人肌に近いぬるま湯だけで洗顔をすることです。
この時にローズウォーターを混ぜるのもオススメです。

バラは、ほのかな香りを楽しむだけでなく、殺菌や抗菌作用もあります。
自然の植物なので、肌への負担もかかりません。

使い方は、洗面器にぬるま湯と、大さじ2杯程度のローズウォーターを投入。
汚れも一緒に混ざるので、仕上げは新しいぬるま湯で流すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

化粧水やプレ化粧水に

フェイスケアにもローズウォーター

ローズウォーターには保湿作用や抗菌作用があります。
この効用を利用した、化粧水としての使い方もオススメです。

手持ちのスキンケアの前にプレ化粧水として使用するのも便利。
血行促進や浄化作用もあるので、より効果的なアプローチとして働いてくれます。

また、ニキビや肌荒れに効果的な、抗炎症作用もあります。
天然成分のローズウォーターは、敏感肌にも安心して使えるのです。

そして刺激も少ないローズウォーターは、どんなタイプの肌質にも使えます。
これがローズウォーターの最大の強みと言えます。

スプレータイプでも、浸透圧を高めるなら手に出して使用するのがオススメです。
人肌に暖められ、またハンドプレスで肌への負担も軽減することができます。

プレ化粧水として使う場合は、そのまま化粧水のステップにいきましょう。
化粧水として使う場合は、水分の蒸発を防ぐため、オイルやクリームで忘れずにフタをしましょう。

アイパックとして使う

続けて、コットンに浸せばパックとしても使えます。

特に、まぶたの上に数分置くアイパックがオススメです。
リフレッシュ効果や血行促進で、スッキリとした気分を味わう事ができます。
保湿効果も高いので、なかなかケアしにくい目元のお手入れに役立ちます。

お化粧直しに

外出にも便利な小型のスプレータイプを利用すれば、お化粧直しにも便利です。
シュッと顔に吹きかけた後、ティッシュで軽く抑えましょう。
収れん作用もあるので、これで余分な皮脂や汚れを取り除くことができます。

自然な香りで、リフレッシュ気分も堪能できます。

初めての方へ~楽しみ方アドバイス~

ローズウォーターをスキンケアに役立ててみましょう。
ぜひ楽しんでほしいのは、その自然な優しい香りと、優れた効能です。

普段のお化粧直しで手軽にリフレッシュ気分を味わったり。
肌だけでなく目の疲れにも効果的なアイパックなどがオススメです。
普段使いと特別なケア、どちらにも役立つのが魅力的です。

スキンケアで使う時の注意点

結膜炎の治療にも使われていたローズウォーター。
まぶたや目元だけでなく、眼球を洗浄するのにも使われていました。
ですが、スキンケアに向けに作られたローズウォーターは、他の成分が入っている場合も。
知らずに目を洗う行為はしないよう、注意してください。

無添加で刺激が少ないローズウォーター。
ですが、肌質も個人差があるので、異常を感じた場合は無理に続けてはいけません。

スポンサーリンク