【全身】ローズウォーターの入浴剤でリラックスタイムを満喫!

今回は、ローズウォーターを使った、入浴剤としての活用術をご紹介します。

普段の入浴に役立つ、ローズウォーターの効能を活かしていきましょう。
また、入浴剤として使う際の注意点も、あわせてご確認ください。

入浴剤としてローズウォーターを使うメリット3つ

香りでリラックス

やはり入浴剤を使って一番楽しみたいのは、香りのリラックス効果。
天然のバラから作られたローズウォーターなら、自然の香りを堪能できます。

ローズウォーター自体も水が含まれています。
そのため、処理をしなくてもそのままお湯に投入するだけで、大丈夫です。
分量は、両手に収まる程度で十分です。
後は、香りの好みで自由に量を調整して、アレンジを楽しむのもオススメです。

入浴剤がわりにローズウォーターを

まるで本物のバラの花びらを浮かべたかのような、贅沢な気分を味わえます。

全身の保湿として

そして、ローズウォーターの特徴。
保湿作用を全身で堪能できるのも、入浴剤の楽しみ方の1つです。

ゆっくり時間をかけた半身浴も、ヘルスケアに人気です。
ですが、ローズウォーターの保湿作用を充分に活かす場合。
そこではやはり、肩まで浸かるのがオススメです。

オイルよりも手軽

また少し見方を変えて、費用の面から見てみましょう。
油分があるローズオイルを使った入浴剤も、その効果がよく紹介されています。
ですが、1回の抽出量は少なく、値段も高め。
その点ローズウォーターなら、入浴剤としての使い方も気軽に行える値段です。

たまの贅沢も良いですが、手軽に楽しめる贅沢な入浴剤。
ローズウォーターなら、こんな考え方で利用できます。

スポンサーリンク

洗濯、すすぎにも大丈夫なので安心

倹約家の方なら、入浴後の残り湯を洗濯に活用している事が多いと思います。
ローズウォーターが入った残り湯は、洗濯のすすぎにも問題ありません。
ほのかな香りが洗濯衣類につくので、香りづけにも役立ちます。

当然、着色料なども使用していない天然のローズウォーター。
衣類に色移り…なども心配ありません。

初めての方へ~楽しみ方アドバイス~

ローズウォーターを入浴剤に役立てる使い方。
ぜひ楽しんでほしいのは、あれこれ後の事を悩まずに使えるところです。

入浴剤としての効能はもちろんですが、その後に洗濯水として使えるのがとても便利。
節水目的でそのまま使えるだけでなく、洗濯物の香りづけにもなってオススメです。
「入浴剤が入っているから」と泣く泣くお湯を処分する事に…。
なんて、せっかくのリラックスな気分も暗くなることはありません。

入浴剤として使う時の注意点

ローズウォーターを入浴剤として使う場合。
バラの香りを使った入浴剤や、ローズウォーターを配合した入浴剤。

これらとは違いがあるという点を、覚えておきましょう。

バラの香りを使った入浴剤や、ローズウォーターを配合した入浴剤の場合は、よりインパクトや効能を高めるために、香料や着色料など様々な成分が含まれている事も。
種類によっては、洗濯のすすぎに使えない物もあります。

さらに、塩や洗浄成分なども入った商品も展開しています。
刺激が少ないから使いたいと思っているかたは、成分チェックも忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク