顔にカミソリは肌荒れする原因!理由と正しい処理方法

ムダ毛処理といえば、手軽でササッと使えるカミソリ派の方も多いでしょう。
カミソリはやっぱり、気がついた時にサッと取り出してすぐに処理できるのが大きなメリットです。でも実は、カミソリは思った以上に肌の負担が大きく、日々のムダ毛処理が肌荒れを起こす大きな原因になっている可能性が高いのです。

実際になぜカミソリが良くないのか、肌への負担を減らすポイントなど、カミソリでのムダ毛処理の気になるポイントをまとめてみました。
今日から始めてもまだ間に合います!ぜひ参考にしてみてください。

顔のムダ毛処理にカミソリが良くない理由

そもそも、カミソリはムダ毛を処理するシンプルなアイテムです。手軽だしローコスト、思い立ったタイミングでササッと処理できるのも大きなメリットでしょう。
でも、一方で「いつも通り」に使っているだけでもこんなリスクも隣り合わせなのです。

毛だけでなく角質も削ぎ落としてしまう

カミソリの最大のデメリットと言っても良いのが、カミソリを肌にあてると毛だけではなく皮膚の表面にある角質も一緒に削ぎ落ちてしまうこと。角質は肌をあらゆる刺激や乾燥、ダメージから守るバリア機能担っています。それを一瞬で壊し、肌を無防備な状態にしてしまうことがとても多いです。

カミソリは雑菌も繁殖しやすい

カミソリは実は細かい溝に雑菌が繁殖しやすいというのもデメリットの1つ。
毎回毎回新しいカミソリを使っていれば何も問題はありませんが、普通、カミソリは繰り返し使うもの。その「繰り返し使う」ことでブドウ球菌など肌にダメージを与える雑菌が知らない間にどんどん増えていきます。
カミソリで毛を剃っていると目に見えない傷がたくさんできるものですが、そこへ雑菌が入り込んだらもちろん炎症を起こす原因になります。赤くなったりブツブツができたり、いわゆるカミソリ負けを起こす原因がこれです。これを続けていくと将来的なシミの原因にもなっていきます。

ニキビや肌荒れを悪化させる要因にも

カミソリは刃物なので、ニキビや肌荒れを起こしそうなところに当てるのももちろん厳禁。デコボコに刃物を当てることになり、傷ついて悪化の原因になります。
肌には、まだ表面的には出てきていないけれどニキビができそうなところや肌が荒れはじめているという場所もあります。もちろん、そこにカミソリがガリッと当たればそれは悪化の原因になるもの。だから自分では大丈夫、と思っていても実は肌を傷めていることも多いのです。 この見極めがとても難しいものですが…。カミソリはそんな「使い所の見極め」も必要ななかなか難易度の高い処理方法なのです。

とは言え、顔の産毛処理をカミソリで行うメリットはある

そうは言っても、カミソリが絶対にダメ!というわけではありません。
カミソリでの顔の産毛処理は確かにこんなメリットがあるのです。

  • 「黒い」毛を排除できるからこそ顔色がパッと明るくなる
  • 肌がツルツル滑らかになるので、化粧ノリも良くなる
  • 代謝が悪くなった肌には程よい刺激になるので、肌質改善のきっかけになる場合も

シェーバーや毛抜きと比較しても、カミソリは手早くすっきり仕上げるのに向いています。しかも、気をつけて正しく処理すれば、ムダ毛処理の仕上がりは1番きれいです。使い方次第でリスキーにもなれば、効率良くもなるという処理方法なのです。

ここぞ!という勝負どころで使えば理想的な処理ができるのは確かです。
リスクばかりを高めないように、正しい扱い方をマスターするのがかなり重要なポイントになるでしょう。

肌を傷めずにカミソリで顔の産毛を処理するポイント

カミソリで顔の産毛を処理する時に気をつけたら良いポイントはズバリ2つ。

  • カミソリを使う頻度を最小限に抑えること
  • カミソリを当てる回数を最小限に抑えること

カミソリは使えば使うほどリスクを高めてしまうので、最小限の回数に抑えるのが何より大切なのです。そこでおすすめなのが、毎回必ずカミソリを使って処理をするのではなく、基本的にはシェーバーを使った処理にシフトすること

毛が濃くて頻度がどうしても高くなるのなら、抑毛クリームなどを上手に活用して、処理回数もできるだけ減らすようにすると良いです(嘘みたいですが本当に処理回数を減らすことができます)
その上で、ササッと効率良くムダ毛を処理できるように練習していくのがポイントです。

肌への負担を減らす!効率良く顔の産毛を処理する方法

  1. お風呂や洗顔で顔を清潔に柔らかくする
  2. 顔全体にクリームをたっぷり塗って滑りやすい状態にする
    (毛を逆立てるようにする)
  3. 利き手とは反対の手を皮膚を平らにするイメージで添え手して伸ばす
  4. カミソリを毛の流れと同じ方向にすべらせて剃る。できるだけ1回で!!
  5. 剃り終えたら、顔をぬるま湯でさっと洗い流す
  6. タオルで優しく水分を拭き取ったら、乳液かクリームでたっぷり保湿
  7. 荒れた肌を回復させるため、化粧や紫外線などの刺激を避けて肌を休める

正しい毛の剃り方について正しくはこちらへ:
本当に正しい顔の産毛の剃り方、真剣にまとめてみました。- ズボラ美容道

実際に処理する時は、この基本的な手順を必ず守りながら行ってください。
処理回数を減らしてこの方法を守るようにするだけでも、かなり肌への負担を軽減できるはずです。

カミソリでの産毛処理は、肌をいかに休めるかが重要

それでもやっぱり、カミソリを使ったらどうしても肌は荒れてしまう。
なかなか上手に処理できない!どうしても赤くなったり痒くなったりしてしまう。

そんな時は、アフターケアを見直してみると良いです。 カミソリで毛を処理したらどうしても肌にダメージを与えます。このダメージをいかに回復させてあげられるかが大切。そんな肌の回復を助ける重要なポイントが、丁寧に保湿してしっかり肌を休めることなのです。

アフターケアには油分が必要!

肌がヒリヒリするなら化粧水を使う必要はありません。基本的には乳液やクリームなど油分が含まれるケア用品を使います。専用の薬用クリームなどでなくても大丈夫。肌の表面を油分で覆って、荒れた肌の表面を保護してあげられることが目的です。
表面を覆って刺激から肌を守って休めてあげることで、肌がもともと持つ力が発揮されてじわじわと肌が自然と回復する手助けをすることができます。

これをするのとしないのとでは、肌に残るダメージ量にも差が出てきます。
できる限り肌にやさしいムダ毛処理をマスターして、肌の将来を守ってあげましょう!

実はアフターケアの保湿に抑毛クリームを使うのも良い方法

ちなみに、ムダ毛処理の間隔を長くしてムダ毛処理回数自体をいかに減らせるか、も肌に負担の少ない産毛処理を行うことに重要なポイントです。
ただ、回数を減らしたいと思っていても、何もしなければ毛はどんどん生えてくるもの。もちろんそれでは肌が汚い状態をキープしてしまうだけになってしまいます。そこで便利なのが、抑毛クリームやローションを使う方法です。

アフターケアに抑毛クリームを使うとより便利

抑毛ローションなんてそもそも胡散臭いし、スキンケアにワンステップ増えることになるので面倒に感じるかもしれないですが…。半信半疑で試しに2ヶ月、毎日続けてみたら確かにムダ毛処理の回数が変わりました!本当にムダ毛処理の回数を減らすことができます

いくらムダ毛を剃っても翌日にはもうチクチクしている…。
毎日ムダ毛処理をしないと間に合わないほど毛が多いのが悩み。
そんな方なら尚更、役に立つ対策になるはずです。

肌にやさしいムダ毛処理を目指すなら、ぜひ取り入れてみてもらいたいです。