顔の産毛ができる、糸脱毛って敏感肌にはどう?安全?効果は?

わたしがはじめて美容院で顔の産毛に糸脱毛を勧められた時、なんだそれ!?と思いました。糸で脱毛するってどうするの?というか糸で脱毛なんてできるの?なんで美肌にも良いの??とまったく想像がつかず、疑問だったのです。

でも、糸脱毛は実は昔からインドやネパール、中国などアジア圏の多くの国で行われているポピュラーな脱毛法でした。わたしが全然知らなかったというだけで、肌への負担が少ない脱毛法としてこのところ改めて注目されつつある方法でもあったのです。

その名前の通り、糸を肌にあてながら毛を抜いていくのが一般的なやり方です。
難易度は高めですが、準備して練習をすれば自分でもスルスル行えるようになります。

簡単でメリットがたくさんあって、知れば知るほどそんなに良いの!?と驚くばかりだったのですが…。詳しく確かめていくと、敏感肌には良い面もあればリスクもあるのでできれば避けた方が安心。もし行うなら慎重にならなければいけない、という印象でした。

糸脱毛のメリットとデメリット(敏感肌ver)

【糸脱毛のメリット】
  • 毛を抜いてしまうので、カミソリやシェーバーよりもモチは良い
  • だからムダ毛処理の間隔を開くことは可能
  • 糸を使うだけなので、肌を傷つける可能性が比較的低め
  • 適度に肌を刺激できるので、肌のターンオーバー促進にも役立つ場合もある
【糸脱毛のデメリット】
  • 糸とは言え毛を引っこ抜いているので、肌へのダメージはゼロではない
  • 糸をビシビシ当てるので、肌が多少敏感になりやすいかもしれない
  • そもそも、痛いことも多い
  • セルフで行う場合はコツをマスターしないと難しい

糸脱毛は肌への負担が少ない方の産毛処理方法です。

とは言え、ダメージはゼロではありません。「毛を抜く」部類の脱毛方法だから、多少慎重になる必要があります。特に敏感肌にとっては、摩擦こそが肌への大きなダメージになるもの。糸を肌に擦りつけることになるので、たとえ柔らかい糸でも肌の状態によっては悪化しかねません。

糸脱毛は糸さえあれば可能だけどコツが必要

ただ、確かにカミソリや毛抜きよりはダメージは少なさそうですが、それでも肌が赤くなったり毛穴がブツブツ目立つようになったりというリスクはあります。特に強くやりすぎるといくら糸でも肌荒れを起こします。

  • 自分なりに肌に合った方法を見つけられるか
  • 実際にやってみて「これは本当に良いな!」と感じられるか
  • 肌が荒れたりせず、痛みや抜いていく感じが苦痛ではないか

という条件を満たすことができれば敏感肌でも問題ないかもしれませんが、慎重に。
少しずつ確かめながら試してみるのが良いと思います。

糸脱毛の基本的なやり方

基本的に糸脱毛はベビーパウダーと糸、化粧水があればできます。
基本的なやり方は、この通り。

  1. 洗顔をしたり顔を濡らして産毛処理をする場所を清潔にする
  2. 産毛処理をする場所にベビーパウダーをはたく
  3. 糸の端を結んで30cmくらいの輪を作り、中心をねじって8の字のようにする
  4. 8の字にしたところを10回くらいねじって輪の外側を親指と人差指に引っ掛ける
  5. 親指と人差指を動かしながら肌に糸をあて、産毛を絡め取っていく
  6. 一通り産毛を取り除けたら、化粧水と乳液でアフターケアを行う

産毛の絡め取り方、指の動かし方はコツが必要です。
自分でやってみる場合は動画を見ながらマスターしていくと良さそうです。

糸脱毛は美容効果も高いって本当?敏感肌にも当てはまる?

美容院などで糸脱毛について訪ねてみるとよく言われるのが、
「毛穴が目立ちにくくなったり、肌のくすみ取りにも良いんですよ!」
という糸脱毛の美肌効果です。

調べてみると、本当にニキビ予防や毛穴対策、オイリー肌の改善なども効果が期待できるとされています。

この理由は、単純。肌に糸を擦りつけることでマッサージ効果が期待できるようなのです。おかげで肌に適度な刺激を与えられ、肌の代謝が促すことが可能なんだとか。おかげで肌の正常化につなげられて、肌のくすみや肌荒れ、毛穴に良いとされているようです。

ただ、敏感肌の場合はこのピーリングされる角質がバラバラ、ボロボロの状態になっていることがとても多いです。角質がボロボロだと、肌へのダメージをより強く感じやすくなってしまいます。そのせいで、敏感肌が糸脱毛を行うと肌の代謝を促す刺激を与えるというメリットよりも、ダメージを受けるというデメリットの方が大きくなる可能性が高いです。

肌が敏感な場合は、肌が自力で元気を取り戻すためのサポートが何より必要です。
糸脱毛が過度になるか適度になるかは人によるので断言はできません。でも、ダメージは極力減らしておくのに越したことはないでしょう。敏感肌なら美容効果を期待するなら避けた方が無難です。

実際、敏感肌なら糸脱毛はしたらダメ?注意すれば大丈夫?

敏感肌が糸脱毛を行うのは、もちろん普通肌よりもハイリスクです。ムダ毛処理の回数は抑えられるものの、糸脱毛で腫れや肌荒れを起こす可能性も高いですし、それなら、毛だけを処理できるシェーバーの方が負担は少ないはずです。(ただ、その分仕上がりはいまいちだし処理回数も増えてしまうのがネックではありますが…)

糸脱毛を試してみるなら、美容院やサロンでプロの手を借りて

ただ、これはすべての敏感肌に必ず当てはまる!というわけではありません。
強くおすすめはできませんが、それでもやってみたいと思うなら、糸脱毛を行っている美容院やサロンでプロの手を借りて実際に1回やってみて肌に合うかを確かめてみると良いと思います。

試してみるなら、肌荒れしやすいことや心配があることをしっかり話しておくこと。 その上でプロと相談しながら任せられたら安心できるはずです。

間違ってもはじめから自己流でやってみようとしないこと。
敏感肌が起こす肌の炎症は、ちょっとした肌荒れで済まないことも多いです。あまり過信しすぎず慎重に。自分の肌を守りながら試せるようにしてください。