【冬の保湿ケア】最もダメージを受けやすい季節にしっかり対策

冬は万全の保湿をしておかないと、乾燥するし荒れるし大変です。
photo by Winter / dieterthau

厳しい寒さの到来、冬。
空気がキレイだから夜空の星も良く見えたり…。ロマンテックに景色で楽しめる季節です。
でも空気が乾燥してからと考えると、肌が心配になってきます。

外は気温だけでなく、湿度も低い状態。
室内で暖を取って寒さはしのげても、乾燥が気になる所です。
肌の水分も失われて、ダメージを受けやすい季節だからこそ、保湿ケアが重要です。

冬に気をつけたい保湿ポイント

  • 電気毛布など、肌に触れる暖房器具は乾燥しやすい
  • 外の気温が下がり、血行も悪くなることを忘れずに
  • 水分の蒸発に加えて、油分も少なくなるのを意識する
  • 乾燥対策の成分を、使い分けるのも良いアイデア
  • 顔だけでなく、全身の保湿ケアも考えてあげる

とにかく乾燥に悩まされる冬は、暖を取れば肌は乾燥。
外に出れば、気温が低く血行も悪くなりがち。
更に、水分だけでなく油分も補って全身も…と保湿ポイントはたくさんあります。

スキンケアも、肌の内側でも活躍している成分が配合されたスキンケアに切り替えると良いでしょう。
セラミドやヒアルロン酸などが、保湿ケアに一役買ってくれます。

あれやこれやと乾燥対策が必要になる冬。
だからこそ、しっかりと丁寧な保湿ケアを心がけるのが大切です。

スポンサーリンク

冬にオススメのスペシャルケア

血行も悪くなると新陳代謝も落ちてしまいます。
そうなると、古い角質が残るゴワゴワ肌になってしまう事も…。
そして水分補給も浸透が悪くなり、よりダメージに弱い肌になってしまいます。

時間がある時は、洗顔やスキンケアの前に一手間を。
蒸しタオルで毛穴を開かせながら、肌を柔らかくしてあげるのが効果的です。

それでも硬さを感じてしまう場合。
そんな時は、オリーブオイルや滑りの良いクリームを使うのが便利です。
優しくクルクルと肌をマッサージしてあげると、肌に柔らかさが戻ります。

水分が失われがちな冬は、ダメージにもろい肌になりやすい季節です。
日ごろの丁寧なスキンケアで、肌の内側を意識した保湿ケアが重要になってきます。
保湿ケアを行えば、水分を与えつつ乾燥に負けない肌作りにも期待ができます。
ただ乾燥を防ぐだけで終わらせない保湿ケアが大切です。

スポンサーリンク