【夏の保湿ケア】見落としがちな季節に意識したい保湿の大切さ

夏こそしっかり保湿しておくと、その後が変わる。
photo by Summer Fun / wespeck

強い日差しに暑い日が続く夏。
外出する時には、しっかり日焼け止めを塗る人も多いです。
ですが洗濯や玄関周りの掃除といった、毎日のちょっとした行動。
短い時間だから、日焼け対策はやってない…という方も多いのです。

冬とは違って乾燥や保湿ケアもお休み…。
そう思いきや、夏は特に紫外線やクーラーなど外側からの刺激を受けやすい時期です。
ダメージを受けて弱い肌にならないよう、保湿ケアが大切になってきます。

夏に気をつけたい保湿ポイント

  • 日焼けだけじゃない紫外線対策はとっても大切
  • 高い気温で噴き出す汗からくる、水分蒸発を防ぐ
  • 室内の快適なクーラーは、肌の乾燥を招いていないか注意
  • べたつきが気になる時でも、乳液のお手入れは忘れずに

春から続く紫外線は、シミやそばかすの原因になる日焼けだけではありません。
分厚い角質層で、ゴワゴワの肌を引き起こす原因になる場合も。

また汗をこまめに拭き取って、クーラーに頼りすぎないのも大切です。
肌の事を考えた、乾燥へのお手入れになってきます。

今は、オイルフリーやさっぱりタイプの乳液も多く売られています。
べたつきが気になる時には、利用するのも良いアイデアです。

夏にオススメのスペシャルケア

夏は気温も高く毛穴も開いてしまいがち。
そんな時は、毛穴の引き締めに、冷やしたタオルを顔に当てるのがオススメ
特にメイクをする前に行えば、化粧ノリも良くなるのでとても便利です。
スペシャルケアでも充分ですが、余裕があるなら毎日行うのも効果的です。

毛穴の開きは、皮脂や汚れ詰まりを防いでニキビの予防に加えて、油分のバランスも働きかけます。
まさに、夏の保湿ケアにはピッタリなお手入れです。

夏は紫外線に加えて、冷房からくる乾燥など、屋外室外で肌に負担がかかる季節です。
毎日暑くて喉も渇きますが、肌の水分補給も忘れずにしましょう。
しっかり保湿ケアを意識していくのが大切です。

毎日、日焼け止めを塗るのは大変!という場合。
外出の時に、帽子や日傘など使うだけでも大きく違うので活用するのも良いと思います。