【春の保湿ケア】肌ストレスを受けやすい季節に気をつけたい事

春は、肌をやわらげるケアがちょうど良さそう。
photo by Spring Bloom / isaachsieh

花粉症の方には、テッシュが手放せない春。
ホコリや黄砂など、外からの刺激で悩まされるのが多い季節です。

更に職場や進学など、身の回りで大きな変化もある時期。
慣れない生活環境から来る、不安やストレス…など。
体の中からくる刺激も多い季節です。

特に変化の多い春は、いろいろな見方での保湿ケアが大切です。

春に気をつけたい保湿ポイント

  • ホコリに加えて飛び散る花粉による肌荒れを守る
  • ストレスによるホルモンバランスの崩れをケア
  • 冬から続く湿度の低さからくる乾燥に負けない水分補給
  • 夏を先取る紫外線対策で、肌を守る

やはり注目したいのは、外からのダメージ。
冬から引きずる乾燥に加えて、気が緩みがちです。
ですが夏に向けての紫外線対策と、季節を超えた対策が必要になります。

また、慣れない身の回りの変化から来るストレス。
これは、ホルモンバランスの崩れにも繋がってしまいます。
心身共に、楽しく保湿ケアを心がけるのが大切です。

春にオススメのスペシャルケア

春に行うスペシャルケアは、オイル配合のクリームを使ったお手入れ。
荒れがちなお肌に、優しくフェイスマッサージしてあげるのがオススメです。

摩擦を起こさないように、クリームを滑らせる。
そうすれば、荒れて固くなりがちな肌も、柔らかくしてあげることができます。
マッサージが終わったら、丁寧に洗い流してあげましょう。
タオルで水分を取るときも、優しく行うのが大切です。

肌が柔らかくなれば、スキンケアの浸透力も高まり保湿ケアにも効果的です。

穏やかな陽気ですが、辛い花粉症の方は鼻をかみすぎて肌が荒れてしまいがち。
オイルのある保湿クリームで、皮脂膜のサポートをしてあげるのも大切です。

そして、乾燥対策と紫外線対策は、カサつきや日焼け防止だけではありません。
肌自身が持つ「新陳代謝」や「保湿機能」を守るのに重要な役割。
気を緩めずに、しっかりケアを行っていくのが重要です。