敏感肌、アトピー肌の保湿ケア。

赤みやかゆみ、炎症など、肌トラブルが出やすい状態。
こんな刺激を受けやすい肌は「敏感肌」と呼ばれます。

実は、オイリー肌やドライ肌でも当てはまる可能性が…。
肌質というよりは、肌の状態の事を表現している場合が多いためです。

その理由は、肌の表皮にある角質層の細胞間脂質(セラミド)の減少と言われています。
それにより、肌の保護(バリア)機能が低下してしまう事に。
そして、目に見える形で肌トラブルが起きてしまう場合もあります。

実際、アトピー患者の皮膚にあるセラミドの含有量は、通常より低いです。
肌からのダメージを受けた時に、アレルギー反応を起こしてしまう。
その結果、強い防御作用として炎症に繋がってしまうと考えられています。

なぜ保湿が必要なのか?

ホコリや排気ガス、紫外線に洋服の擦れなどの、外から受けるダメージ。
健康な肌だと、このダメージも跳ね返す事ができます。

ですが敏感肌の場合は、ダメージを受けた時に、過剰に反応してしまいます。
そんなダメージにも負けない、強い肌作りを意識した保湿ケアが必要です。

敏感肌の原因は、遺伝的な要因からくる体質の可能性が高いです。
だからこそ、根本的な解決が難しい…。
でも、保湿ケア自分でできる対策であり、大きく改善できる可能性のある対策でもあるのです。

敏感肌対策は無理せずやり過ぎない保湿対策が必要

  • 洗顔から乳液、クリームまで丁寧なケアを心がける
  • 刺激を感じたら注意!自分にあったスキンケアを見つける
  • セラミドやグリセリンなど保湿に有効な成分を意識する

また、敏感肌の場合、洗顔の微量なスクラブ、化粧水のアルコールや乳液のシリコンは肌の状態によりピリピリと刺激を感じてしまう場合もあります。
自分の肌に「合う成分」と「合わない成分」を理解しておくのが大切です。
値段や評判から「もったいない…」と使い続けてしまうのは、肌に良くありません。

鏡を見る度に気になったり、我慢できないヒリヒリやかゆみに襲われたり…。
肌だけでなく気持ちも暗くなってしまう敏感肌。
でも、保湿ケアをしっかり行えば、肌の内側にはアプローチされています。
自分に合うスキンケアを見つけて、保湿ケアをじっくり行っていきましょう。