オイリー肌、ニキビ肌の人に役立つ!保湿ケアのアドバイス

脂性肌やオイリー肌と呼ばれる「肌のアブラ」が気になるタイプの場合。
肌は水分と油分のバランスが崩れて、皮脂の分泌が過剰な状態です。

適度な油分は、保湿ケアにもちろん大切。
でも皮脂が多すぎると、ホコリやゴミが付きやすくなります。
そして、皮脂が詰まり毛穴の開きが目立つ、キメの荒い肌に…。

また、毛穴の詰まりや、肌に何度も触れてしまう場合。
それが刺激となって、ニキビ肌になる可能性もあります。
見た目もテカって気になりますが、肌トラブルも大きな悩みの1つです。

なぜ保湿が必要なのか?

オイリー肌の原因は体質や食生活、ストレスによるホルモンバランスの崩れ。
加えて、スキンケアの使い方も原因の1つに入ります。

  • スッキリしたいからとゴシゴシ洗顔してしまう
  • サッパリさせるために化粧水や乳液などを使わない

などは、肌に負担をかけてダメージを受けやすくなってしまいます。
その結果、水分が蒸発しやすい肌になってしまう事も…。

また、気になるあまり何度も皮脂を取ってしまうのも注意です。
肌が「皮脂が足りない状態」と勘違いをして、より皮脂を分泌してしまいます。
その結果「水分は失われて油分は多くなる」という、バランスが崩れた状態に。
しっかり保湿をして、バランスを改善していくのが大切です。

思春期ニキビで悩んだ10代の頃とは違って、20代以降はターンオーバーも変化してきます。
大人のオイリー対策は、保湿ケアからの改善が鍵になってきます。

  • スッキリしたいからと強く擦らないで、優しく丁寧な洗顔を心がける
  • 洗顔後は、特に肌が弱る時。化粧水で水分補給はしっかりと
  • 化粧水が蒸発しないように乳液も忘れずに
  • 乳液のベタつきが気になるなら、上から優しくティッシュオフ

注意する方が良いのが、お化粧直しの時。
あぶらとり紙やテッシュなどで、ゴシゴシ擦らないよう注意です。
過剰な皮脂分泌や、刺激による水分の蒸発に繋がってしまいます。

オイリーでもニキビ肌でもとにかく、優しく負担をかけないように

「油分は減らしたいけど、水分は残しておかないと…」
なんて保湿ケアのバランスが難しい肌質なのが、オイリー肌やニキビ肌です。
「過剰でなく丁寧なケア」を意識してみる。
そこからスタートしてみるのも、大切な1歩です。