ドライ肌・インナードライ肌の保湿ケア。バリア機能回復のためにも!

乾燥肌やドライ肌と呼ばれる「肌の乾燥」が気になるタイプの場合。
保湿や保護の働きをする角質層部分の水分が、非常に少ない状態です。
それにより、ダメージを受けやすい肌になってしまっています。

まず表皮の角質層には、角質細胞や水分があります。
そして、それをキレイに整列させるのに使われるのが細胞間脂質。
これらが減ると、どうなるのでしょうか?

  • 肌の保湿や保護機能が低下してしまう
  • きれいな整列が崩れてスキマができ、ダメージを受けやすくなる
  • ダメージを受けて、水分も油分も失われやすい肌になってしまう

こんな悪循環に陥ってしまいます。

また、TゾーンはベタつくのにUゾーンはカサつく肌。
そんな肌は脂性と乾燥が混ざった「インナードライ肌」と呼ばれています。

肌のカサカサや、ファンデーションで粉を吹いてしまう乾燥状態が一部にでもあったらそれはやはり、肌の潤いが足りていない状態です。
保湿機能がしっかり機能していないと、肌のバリア機能も弱くなっているもの。
しっかり保湿対策をした方が良いという認識を持つことが大切です。

スポンサーリンク

保湿ケアのアドバイス

肌の状態からももちろん、保湿の必要性も充分に見えてきますが…。

肌自身も、バリア機能の低下をなんとか食い止めようと動き出します。
それにより、角質層の活発な細胞が、過剰に分厚い角質層を作ってしまいます。
そして、代謝が間に合わず、肌がごわごわと硬くなってしまう事も…。

硬い表皮は、小ジワの原因にもなってきます。
これからの美肌のためにも、保湿ケアがとても必要です。

特に意識したい、保湿のコツは…

  • 丁寧な洗顔後は、たっぷりの水分補給で潤いを与える
  • しっかりと乳液やクリームで潤いをキープ
  • インナードライ肌で悩む方は、べたつく部分を薄く調整
  • ドライ肌の方は、目元や口元は特に乾燥しやすいので重ねづけ
  • スキンケアはしっとりタイプで、保湿ケアに有効な成分を活用する

水分だけ与えても、油分が少なければ蒸発して逃げやすくなります。
もちろん、逆に油分だけ与えても肌の内部は乾燥状態のまま…。
潤いを与えて、閉じ込める保湿ケアがとても大切です。

水分と油分の両方をケアしていく保湿対策。
肌の角質層に潤いを与えていくのは、潤いを与えることだけが目的ではありません。
同時にバリア機能の回復もサポートしていくので、しっかり対策をとっていれば、徐々に肌の健やかさもキープできるようになっていくでしょう。

スポンサーリンク