花粉症にはオリーブオイル!?役立つ油の選び方

花粉症対策に、油はとても大切だと思います。
わたしも娘も、まず最初は油を変えるところからはじめました。

どうも、最近の食生活は油の摂り方にも偏りがあるらしいのです。
それがこういった症状を悪化させる原因にもなっているとも言われているようで…。

花粉症やアレルギーに良い油悪い油があるらしい。

その偏りをなくすのも大切だと目にして、実践してみたところ。
「なるほど!」と思える感じだったのです。

油の種類?それぞれの特徴は…

なんでも、油には種類があるらしく、

  • オメガ3系:しそ油、エゴマ油、亜麻仁油、さば、あじ、カツオ、マグロなどの魚
  • オメガ6系:ごま油、コーン油、ひまわり油などの植物油、牛、豚、鳥などの肉類
  • オメガ9系:オリーブ油、キャノーラ油など

このような分類ができるものです。

そして、1番馴染みのあるオメガ6系は、アレルギー症状へ影響があることがわかっています。
そして、オメガ3系は逆の働きをすることもわかっているそうで…。

オメガ3系の油を増やして、オメガ6系の油を減らすのが良いのでは?
と言われているようなのです。

でも、エゴマ油やしそ油は熱に弱い。だからオリーブオイルが助かる

でも、オメガ3系のエゴマ油やしそ油には難点があります。
それは、熱にとにかく弱いこと、そしてとても酸化しやすいことです。

特に、料理に使おうと思ったら、ナムルやドレッシングくらいにしか使えず…。
けっこう苦労します。

そこで役に立ってくれるのが、オメガ9系のオリーブオイルなどです。

オメガ9系は、アレルギー症状に対しては何も影響がない(良くも悪くもない)と言われています。
なので、気持ち的にも安心して使えるし、もちろん加熱もできるし、何かと使いやすいです。

だから、花粉症対策には、オリーブオイルを使いつつ、エゴマ油も使ってみる
というのが良いのではないかと思っています。