【冬にできる体のニキビ】寒さや乾燥でできやすい部分も

空気も冷たく寒さが厳しい冬。

ちょっとした外出でもコートやマフラーが欠かせなくなります。
また、本格的に乾燥が気になる季節でもありますね。

冬だからこそ気をつけたい原因や、ニキビができやすい部位とは?
冬の乾燥だけではない特徴を掴むことで、体のニキビ対策が見えてきました。

冬に気をつけたいこと

冬と聞いて、一番に気をつけたいと思うのは乾燥ですね。
気温も湿度も低下する冬は、肌の水分が失われがちになります。

一見、カサカサする肌は皮脂が少なく、ニキビができにくいと感じます。
ですが、水分が失われることで肌が硬くなっているのです。

肌が硬くなると毛穴が小さくなってしまい、詰まりやすくなります。
さらに、乾燥を補うために皮脂分泌が増えてしまうと、ニキビができやすくなってしまうのです。

また、冬にニキビができる原因は乾燥だけではありません。
洋服の重ね着は、屋外では効果的ですが室内に入ると、体は湿度が高いムレた状態に。

じんわり汗をかいていると、冬でも夏のような原因でニキビができてしまいます。
汗で湿度が高くなり、毛穴が詰まってしまうからです。

スポンサーリンク

冬にできた体のニキビの対処法とは?

冬にできやすい体のニキビ。
特に「お尻」や「足」には気をつけましょう。

お尻、足で注意したいこと

寒さで厚着になる季節。

パンツスタイルを増やす人や、スカートにもタイツをあわせるなど。
寒さ対策を取り入れる人は多いですよね。

ですが、ズボンやタイツで圧迫されたお尻や足は蒸れてしまいがち

また最近では、汗で発熱効果をアプローチするアイテムもあります。
そのため、冬でも汗で毛穴が詰まりやすくなってしまうことがあります。

ニキビができてしまったら、以下のような対応をしてみましょう。

冬にできた体のニキビの対処法

  • 下着は肌に優しい綿や絹を履くようにする
  • ズボンやタイツはこまめに洗濯し清潔にする
  • 入浴ではしっかり洗い、丁寧に保湿をする

日頃から気をつけたいこと

  • 圧迫しないタイプのボトムスも活用する
  • 日頃からボディクリームで保湿を保つ

冬は「寒さ」と「ムレ」、この2つを重点的に対策しましょう。

体を清潔に保ち、しっかりと体を洗う。
そして、乾燥からニキビを防ぐため丁寧に保湿をしていくことが大切です。

スポンサーリンク