【夏にできる体のニキビ】紫外線や日焼けだけじゃない!

強い日差しと高い気温が続く夏。
紫外線を気をつけたいと思いつつも、暑さを考えると薄着の毎日を過ごします。

夏だからこそ気をつけたい原因や、ニキビができやすい部位とは?
暑い夏の季節に感じる特徴を掴むことで、体のニキビ対策が見えてきました。

夏に気をつけたいこと

夏は、とにかく強い日差しを浴びる時期です。
紫外線対策を心がけている人も多いですね。

紫外線は肌へのダメージが大きく、皮脂の酸化を招くため、ニキビができやすくなります。
外出時に日焼け止めを塗る人も、洗濯を干す時など短い時間だと塗らずにいることも。
ニキビを考えるなら、しっかり気を付けていくことが大切です。

また、紫外線以外に汗対策も必要になってきます。

体の汗は顔と違い、すぐに拭くことができないので、そのままにしてしまいがち。
体は、皮脂線も多いため、汗の汚れで毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

また、夏は暑いので、室内で過ごす時間が多くなります。
しかし、冷房にも注意が必要です。

冷房で室内は乾燥状態になり、乾燥した肌表面は、皮脂も水分も失われ硬くなってしまいます。
バランスが崩れた肌は、ニキビができやすく治りにくい状態と言えます。

スポンサーリンク

夏にできた体のニキビの対処法とは?

夏にできやすい体のニキビ。
特に「デリケートゾーン」や「腕」「胸」には気をつけましょう。

デリケートゾーンで注意したいこと

デリケートゾーンは、下着や洋服に隠れて非常に湿度が高い部分です。
女性はおりものや生理もあり、夏場は更に毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

また、プールや海で水着を着るからと脱毛をすることも。
自己流の脱毛でケアが足らなかった結果、ニキビができてしまうことがあります。

腕、胸で注意したいこと

腕や胸は、暑い夏は露出も増える部分ですね。
日焼け対策に長袖や袖カバーを使う人も増えてきました。

ですが長袖でも半袖でも、ニキビから考えるとどちらも長所短所があります。

腕や胸を隠した結果、汗をかいてしまう。
また逆に、腕や胸を露出すると、エアコンで乾燥しやすくなってしまうからです。

ニキビができてしまったら、以下のような対応をしてみましょう。

夏にできた体のニキビの対処法

  • 夏の肌着や下着は、汗を吸いやすいコットン素材を選ぶ
  • 紫外線対策と同じように、エアコンの乾燥対策も考える
  • 汗を吸収するパウダーや汗ふきシートで、衛生的に保つ

日頃から気をつけたいこと

  • パジャマやシーツ、枕カバーもこまめに取りかえる
  • ワンピースやスカートなど、風通しの良い洋服を着る
  • 入浴後は化粧水で体の保湿ケアを行う

夏場には風通しを良くするスカートやワンピースがオススメです。
普段はパンツ派の方も、薄着の季節にはチャレンジしやすく、ニキビの対策にも効果的です。

また、夏は汗のニオイが気になるからシャワーも増える時期ですね。

シャワーの回数が増えるような人や、室内で過ごすことが多い人。
また、体の脱毛を自己処理で行っている人。

そんな人は、意外に肌が乾燥している状態の可能性があります。

ベタつくイメージですが、夏でもしっかり保湿をおこないましょう。
化粧水などで保湿を行えば不快感もありません。

スポンサーリンク