【春にできる体のニキビ】ダメージを受けやすい季節だからこそ

春は暖かい日や寒い日がコロコロと変わり、気候も不安定になりがちです。

春だからこそ気をつけたい原因や、ニキビができやすい部位とは?
季節の変化から見える特徴を掴むことで、体のニキビ対策が見えてきました。

春に気をつけたいこと

春の気候はすごしやすく、快適な季節ですね。
ですが、花粉症で苦しむ人にはつらい時期。

実は肌のことを考えると、花粉症でない人にもつらい季節と言えます。

ニキビは、皮脂や汚れで毛穴が詰まる事が原因でできてしまいます。
春に舞う花粉やほこりなども、毛穴に詰まってしまうことがあるのです。

また、紫外線も高めになってくるのもこの時期から。

「夏はまだ先」と紫外線対策を怠っていると、肌が刺激を受けてしまいます。
皮脂の酸化や肌のダメージも、ニキビの原因として見逃せません。

そして、生活環境に変化があった場合。
慣れない毎日や不安な日々にストレスを感じてしまうことも。

心の不安定はホルモンバランスを崩しやすくし、肌荒れのきっかけとなってしまいます。

春にできた体のニキビの対処法とは?

春にできやすい体のニキビ。
特に「背中」や「首」には気をつけましょう。

背中で注意したいこと

背中は、冬の乾燥でダメージを受けている部分です。
乾燥で硬くなった皮膚は毛穴も詰まりやすく、皮脂も多く分泌されています。

そのまま春を迎えると、暖かい気候のせいで湿度が高くなってしまうことも。
さらに、夏になる前に浴びる紫外線により、ニキビができやすくなってしまいます。

首で注意したいこと

首の場合は、汗の分泌は多いですが皮膚が薄いのが特徴。
顔と同じように、花粉やほこりを浴びやすい部分でもあります。

それらを防ぐためにストールを巻いた結果、繊維が肌に合わず刺激を受けてしまうことが…。
いずれの場合でも、首にはダメージになってしまう場合があります。

ニキビができてしまったら、以下のような対応をしてみましょう。

春にできた体のニキビの対処法

  • 継続的に保湿ケアを行う
  • 春から紫外線対策をきちんと行う
  • 擦ったりせず丁寧に汗をふき取り衛生的に保つ

日頃から気をつけたいこと

  • 入浴では優しく洗って、しっかりと洗い流す
  • 肌着だけでなく、パジャマや洋服もこまめに洗濯する
  • タオルや洋服など洗濯物は取り込む時に、ほこりや花粉をしっかり落とす

春は夏とは違い、不快な汗までかかないので、つい衛生面を怠りがちに。
ですが、肌に接触する衣類はきれいに保つことが大切です。

また、花粉も目には見えにくいですが、払い落すひと手間で肌に触れることを減らせます。

春は、これからどんどん薄着になる時期。
体にニキビを作らないように、またできてしまったニキビが治りやすくするようにしたいですね。