【お尻のニキビ】皮膚の硬さが原因に!状態は顔に近い

お尻は、日頃自分で見ることがない部分ですね。

温泉やプール、スポーツジムなどの場所に行った時。
人のお尻にできたニキビを見て、自分のニキビを気付かされるなんてことも。

お尻にニキビができてしまうと、座る時に痛みを感じたり。
中には、洋服が擦れてカユくなってしまうこともあります。

普段、お手入れを見落としがちなお尻の部分。
だからこそ、ニキビを発見しても治るのに時間がかかってしまいます。

お尻のニキビを早く治すには、刺激に負けない保湿ケアをすることが大切です。

お尻にニキビができる原因って?

それは、摩擦や圧迫による毛穴の詰まりによるものです。

お尻の皮膚は薄いですが、外からのダメージで皮膚は硬くなってしまいがちです。
硬くなった皮膚は乾燥を招き、水分を失ってしまうのです。

毛穴が詰まりやすくなった皮膚は、アクネ菌が活発になります。

また日々、下着や洋服で隠されているお尻は、刺激を受けやすい状態。
さらに汗をかく暑い時期は、汗でムレやすくなるのも気をつけたいポイントです。

お尻にできたニキビの対処法

お尻のニキビ対処法のポイントは、摩擦や乾燥といった外からのダメージを防ぐということです。
次のようなことが効果的です。

  • 締めつけのあるスキニーパンツやタイトスカートは控える
  • 入浴ではゴシゴシ強く擦らず、優しく丁寧に洗う
  • 下着は、綿や絹など肌に優しい素材を選ぶ
  • 化粧水や乳液で、水分と油分のバランスを保った保湿ケアを行う
  • 汗をかきやすい時期の部屋着は、ゆったりしたものを選ぶ

お尻は自分では見えないので、ニキビが痛いとついつい必要以上に触ってしまいがちです。

しかし、むやみに汚れがついた手で、ニキビを触ったり潰さないようにしましょう。
患部が刺激されたり、雑菌が入ったりして、ニキビが悪化してしまうかもしれません。

保湿を意識して、お尻の肌を健康的な状態に保つことが大切です。

お尻のニキビ予防。日頃からできること

お尻は、顔に似て皮膚が薄く、乾燥しがちな部分です。
ですが、顔とは違って、お手入れは見落としがちな場所でもあります。

保湿などのケアはもちろん、他にもこういったことを意識しましょう。

  • シーツや掛け布団カバーなどの、ベッド回りを洗濯する
  • タオルやバスタオルを洗濯する
  • 部屋着や下着を洗濯する

お尻に触れる物もこまめに洗濯して、衛生的に保つことが大切です。
ニキビの改善だけでなく予防にも効果的になってきます。

お尻のニキビは、摩擦や乾燥による毛穴の詰まりを防ぐことが大切です。

ニキビと聞くと、皮脂を抑えることをイメージしがち。
ですが、刺激や乾燥による肌へのダメージでニキビを招くこともあります。

油分を取り除くだけでない、保湿を意識したケアがお尻のニキビには大切です。