体のニキビは顔のニキビと違うもの。原因と環境

体にできたニキビ。
場所によっては鏡越しに見ることができる場合もありますね。

体にできたニキビをじっくり見てみてみる。
なんだか、顔にできるニキビと似ている気がすることがありませんか?

体にできるニキビは、顔のニキビと違うの?同じなの?
このふたつのニキビについて、違いや共通点を探ってみましょう。

ちょっと知っておきたいニキビの種類

ニキビと一言でいっても実は症状や状態により種類がわかれています。
初めに、ニキビの種類について少しご紹介しましょう。

白ニキビ

「閉じたニキビ」ともいわれる白ニキビは、ニキビの初期状態。
そっと触れることでふくらみを感じる人もいます。

ですが、見た目も小さく赤みも少ないため、わかりにくいニキビです。
そのため、気がつかない人もいるかもしれません。

ですが内部では、毛包(もうほう)が広がりアクネ菌が増殖している状態。
汚れで毛穴が塞がってしまい、肌の内側では皮脂が蓄積されています。

黒ニキビ

毛穴が塞がっている白ニキビから、毛穴が開いた状態に変化したのが「黒ニキビ」です。
白ニキビの間に肌の内側にたまったアクネ菌や皮脂が、表に出てきます。

黒く見えるのは皮脂が原因。
皮脂の汚れや酸化によって、表面では黒く見えてしまいます。

こちらも、白ニキビと同じように初期の状態なので炎症は起きていません。
ですが、肌の上では黒が目立ち、気になる方も多いようです。

赤ニキビ、化膿ニキビ

痛みを伴うのが「赤ニキビ」。
白ニキビや黒ニキビが悪化し、アクネ菌が繁殖してしまった場合です。

触ると痛みを感じるのは、アクネ菌が活発に活動をした証拠。

炎症がひどくなると膿がたまるようになり「化膿ニキビ」と変化していきます。
膿は炎症の赤みの中で、黄色く目立つことから「黄色ニキビ」と呼ばれることもあります。

慌てて不衛生なまま潰してしまってはいけません。
ニキビ痕として残ってしまう可能性があります。

体のニキビと顔のニキビは同じ?

そこで、最初の疑問。体のニキビと顔のニキビは同じなのか?
同じ症状ならば「同じニキビ」と言えます。

では何が違うのかというと、ニキビができる「原因」と「環境」です。

顔にできるニキビの場合

  • ニキビができる原因は、季節や年代、肌質による。
  • 顔の皮膚は薄く常に外にさらされている部分。
  • 皮脂の汚れや詰まりを防ぐためのケアも簡単。

体にできるニキビの場合

  • ニキビができる原因は、洋服のこすれやボディソープの流し残しなど。
  • 部位によっては固く分厚い皮膚。また洋服や下着などで隠れてしまうことも。
  • 分厚い皮膚や洋服に隠れてしまい、ニキビ部分の皮脂や汚れがこもってしまう。

このように体にできるニキビの場合。
顔にできたニキビと違って、原因は環境や生活習慣によるところが多いようです。
また、年代に関係なく誰にでもできてしまい、ほうっておくことで悪化してしまうことも。

顔のニキビより、さらに気をつけてケアをしてあげたいですね。