【胸のニキビ】外からの刺激が原因。清潔さを保つのがカギ

汗をかきやすい季節や、パーティーといったイベント。
胸のあいたデザインの服を着る時に、ニキビができていると目立ってしまいます。

また、胸元のニキビは、ファンデーションで隠すこともできません。

なるべくなら、胸のニキビは防ぎたい。
もしできてしまったら、早く治したいと思いますね。

胸のニキビを早く治すコツは、外からのダメージを防ぐ
このことが大切になってくるようです。

胸にニキビができる原因って?

胸は、顔と比べて毛穴も多く汗や皮脂の分泌も活発。

とは言え、汗をかいたからとこまめに拭くこともできない場所です。
そんな汗や皮脂が毛穴の詰まりを起こし、胸にニキビができやすくなります。

また、胸にニキビができる原因。
それは、汗や皮脂だけではありません。

紫外線によるダメージや、冷たい空気による乾燥。
洋服や肌着の摩擦も、肌が刺激を受けてニキビができやすくなる原因です。

胸のニキビは日頃のしっかりした予防。
そして丁寧なケアを心がけていくのが大切になってきます。

胸にできたニキビの対処法

胸のニキビ対処法のポイントは、汗や皮脂を抑えて清潔にし、外からの刺激を防ぐということです。
次のようなことが効果的です。

  • 入浴では先に頭を洗い、シャンプーを体に残さないようにする
  • 清潔を気にしすぎて、ゴシゴシ強く洗いすぎない
  • 季節による日焼けや乾燥の対策を行っていく
  • 肌着は肌に優しい綿や絹の素材を取り入れる
  • ラメ入りボディジェルやアクセサリーの使用を控える

胸は、夏は胸のあいた服で紫外線を浴び、冬は服で汗をかいてムレやすくなる部分です。
ですが、その都度ふき取るのも難しく、ケアのしにくい場所でもありますね。

毎日の入浴や直接肌に触れる肌着などから意識していく…。
それだけで、胸を清潔に保つのに一役買ってくれます。

胸のニキビ予防。日頃からできること

胸は、背中と同様に、毛穴が多く汗や皮脂も出やすい部分。
毛穴が詰まり、ニキビができやすいと言えます。

普段から、こういったことを心がけましょう。

  • パジャマや肌着はこまめに洗濯する
  • 汗をかいた洋服をそのままにしない
  • タオルやバスタオルは清潔に、使う時は擦らない

胸に触れる物もこまめに洗濯して、衛生的に保つことが大切です。
ニキビの改善だけでなく予防にも効果的になってきます。

胸のニキビでは、毛穴を清潔に保つのがポイントです。

実は、紫外線を浴びると皮脂の酸化を招きます。
乾燥により水分を失うことで、毛穴の詰まりやすい硬い肌へ変化していくことも。
それにより、胸にニキビができやすい状態になってしまいます。

紫外線や乾燥など、季節に合わせた対策を考えていくのも大切になってきます。