【秋にできる体のニキビ】1番できやすい季節

穏やかな気候で、趣味を楽しむのにピッタリな秋。
紅葉など景色の変化も楽しめ、普段より外出や散歩の回数も増えてしまいます。

秋だからこそ気をつけたい原因や、ニキビができやすい部位とは?
秋への移り変わりから見える特徴を掴むことで、体のニキビ対策が見えてきました。

秋に気をつけたいこと

食欲の秋に、読書の秋、レジャーの秋。

秋はいろいろと外出の機会が増えますね。
ですが、季節の移り変わりが大きい秋は、ニキビができやすい時期でもあります。

秋になると、夏も終わったからと紫外線対策を怠ってしまいがちですね。
ですが、毎日の積み重ねで肌もダメージを受けています。

夏の暑さも残っていて、じんわりと汗をかくことも。
気づかない程度の汗でも、皮脂と混ざった結果、毛穴が詰まりやすくなっています。

冬に向かって空気も乾いてくるので、肌も乾燥しやすくなります。
乾燥した肌は脂と水分のバランスが崩れ、ニキビができやすい状態になってしまいます。

秋は着るものも、肌に影響を与えています。

冬物のニットなどを直接着ることで、繊維素材が肌に刺激となってしまいます。
また、夏物を厚着しても、湿度が高くなってしまい肌によくありません。

秋にできた体のニキビの対処法とは?

秋にできやすい体のニキビ。
特に「耳」や「頭皮」には気をつけましょう。

耳、頭皮で注意したいこと

まだ暑かったり、涼しくなったりと気温が定まらない秋。
体の温度調節は気を使っていても、うっかり見落としがちなのが頭部です。

秋の風は心地よいですが、舞う風の中にホコリや塵が混ざっています
髪にまとわりついたホコリや塵が、頭皮や耳につき、そこからニキビになってしまいます。

春も風に混じる花粉などを気にする時期ですね。
ですが秋はまだ気温が高く、汗をかく機会もあり、春よりもニキビができやすいのです。

ニキビができてしまったら、以下のような対応をしてみましょう。

秋にできた体のニキビの対処法

  • 頭皮に余計な油分がつかないように、ヘアケア剤を控える
  • ピンやゴムで髪をまとめ、耳に触れないようにする
  • 枕カバーはこまめに洗濯する、またはタオルをはさむ

日頃から気をつけたいこと

  • 枕カバーやイヤホンカバーなど、触れる部分を清潔にする
  • 汚れた手で過剰に触らない
  • シャンプーを丁寧に行い、コンディショナーはしっかり流す

秋は気候もちょうど良く、汗や乾燥といった肌トラブルとは関係ないように思えますね。
ですが、気づかない程度の要因の積み重ねで、ニキビになってしまうこともあるのです。

耳や頭皮は塗り薬も塗るのが難しい部分。
ニキビができないように、日頃から予防していくことが大切になってきます。