【腕のニキビ】カギは摩擦と紫外線。水分補給が大切に

着替えやお風呂上がりの時。
腕にニキビがあることに気が付くことがありませんか?

腕のニキビは、場合によっては、思った以上に目立つことがあります。
さらに、服で隠すことによりニキビが悪化してしまう場合も。

腕のニキビを早く治すには、水分補給が大切になってくるそうです。

腕にニキビができる原因って?

腕は、他の部位に比べると毛穴も少なく、皮脂量も少なめ。
なので、過剰な皮脂分泌からくる毛穴の詰まりだけが原因ではありません。

むしろ、乾燥によって水分が失われ、皮膚が硬くなりやすいのです。
毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが発生してしまいます。

また、夏場は袖のない洋服を着る機会も多く、紫外線を浴びやすい部分。
紫外線は皮脂を酸化する働きがあるため、ニキビが悪化しやすくなります。

加えて、メラニンの色素沈着が起こりやすいのも特徴の1つです。
そのため、プツプツとニキビ痕が残りやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

腕にできたニキビの対処法

腕のニキビ対処法のポイントは、腕につく汗や皮脂、汚れやダメージを防ぎ清潔に保つ。
そして、皮膚を柔らかくするため保湿ケアをしていくことです。

次のようなことが効果的です。

  • 入浴では強く擦らず優しく丁寧に
  • 保湿は水分補給をたっぷりと
  • 乾燥を感じたら、乳液やクリームで保護してあげる
  • 季節による紫外線対策、日焼け止めをしっかりする
  • 洋服は肌に優しい素材にする

ニキビができると、つい油分が多いのかと思ってしまいます。
でも、ゴシゴシと体を洗ってしまってはいけません。

毛穴も皮脂量も少ない腕の場合。
清潔に保ちながら、水分と油分のバランスを整えた保湿が大切なのです。

また、肌の刺激を避ける取り組みが、ニキビを防ぐカギとなってきます。

腕のニキビ予防。日頃からできること

腕は、汗や刺激による毛穴の詰まりに加えて、乾燥対策も大切です。
水分と油分のバランスを考えた保湿ケアが効果的になってきます。

ですが、汚れによる外からのダメージや刺激を防ぐことも重要です。

  • 枕カバーやシーツなどの、ベッド回りを洗濯する
  • 部屋着やパジャマを洗濯する
  • タオルやバスタオルを洗濯する

こういった腕に触れる物もこまめに洗濯して、衛生的に保つことが大切です。
ニキビの改善だけでなく予防にも効果的になってきます。

腕のニキビは、水分補給を意識した保湿ケアで改善されることが多いです。

やはり、乾燥や紫外線といったダメ―ジの影響が大きいということ。
こういった要因から肌を守り、健やかに保つことが大切になってきます。

また、気になるからといって、腕のニキビを触ったり潰したりしてはいけません。
悪化して、ニキビ痕になってしまいます。

優しく丁寧な対処で腕のニキビを改善していきましょう。

スポンサーリンク