30代、肌は実際こんな変化をしていきます

人の肌は、生まれてからその瞬間までの「貯金」で、肌の状態が決められているものです。
ほんの少しのことでも、肌の奥に記憶として刻み付けられ、それが蓄積されていくのです。
でも、その状態は10代や20代の頃はほとんど、目に見えて違いを感じられるわけではありません。

皮膚の中で蓄積されてきたものは、30代頃から徐々に肌にあらわれはじめ、それが
「お肌の曲がり角!年齢肌になってしまった!」
と多くの人が感じるものなのです。

個人差はもちろんかなりありますが、でも実際に30代半ばから30代後半までの時期に、このような変化を感じる人が多いようです。

  • シミが濃くなってきた(妊娠・出産などがきっかけの場合も)
  • 肌が以前よりもたるむようになってきた。毛穴が目立つ気がする
  • 肌が以前よりもくすんだ印象になってきた。ファンデーションの色が合わない
  • 肌からツヤがなくなってきた気がする。昔より乾燥が気になるようになった
  • 目元や口元に小じわが増えてきた気がする。ほうれい線が目立つ
  • フェイスラインがぼやけてきた。別に太っていないのに二重あごができてきた
  • 肌はかさついているのに、ニキビができるようになってきた

もしかしたら、どんな方でも何かしら思い当たる節があるものなのかもしれません。

スポンサーリンク

30代で肌に変化が現れるのは、肌ががくんと衰え始めるから

30代、肌はこんな変化をしていきますのイメージ

そもそも、肌は生まれた瞬間から衰え始めるものです。

赤ちゃんの肌は、それはそれはプリプリで、このまま保存しておきたいような気持ちになってしまうものですが、思春期にもなるとそれはもう過去のもの。
それから10年、20年と経過すればもちろん、さらに肌は衰え、変化していくものです。

それが、30代頃になると肌の内部ではこんな変化が起きてくると言われています。

  • 肌の表面(角質層というところ)に蓄えられている水分が減ってしまう
  • 肌を守る役目も担う、皮脂の量も徐々に減り始める
  • 肌のハリを守っている、コラーゲンが新たに作られる量も減ってくる
  • 体の中でも、女性ホルモンの分泌量自体が(わずかなものの)徐々に減り始める
  • 肌の代謝(ターンオーバー)も悪くなる。28日前後が40日以上になることも…
  • 肌を自ら保護する機能が衰えてきて、肌がごわついたり荒れやすくなる

これが30代の肌によく起こると言われている、機能的な変化です。
どの変化ももちろん、どんな人にも避けては通れないものですが、でも、これには個人差があります。

見た目としても、とてもハリのある健康な肌のままの人もいる一方で、年齢よりも上回って見える人もいるのは、その個人差によるものです。

そして、その個人差を左右するのが、日々のスキンケアや生活習慣なのです。

スポンサーリンク