30代に起こる体調の変化。内面的にも崩れ始める時期

30代は「変化がはじまる」年代です。

肌にとっても老化が目に見えて出てくる時期でもありますが…。 
それ以上に大きく変化をはじめるのが「ホルモンバランス」です。

体は、生まれた瞬間から老化(成長、成熟)をはじめます。 
その成長に大きく関わるのが「ホルモン」なのですが、30代くらいになると十分成熟してきたと体が判断していくのか、体が老化の準備にでも入るのか、体の中のホルモン量自体が減り始めるのです。

女性が女性らしくあることに大きく影響する、女性ホルモンも同じこと。
そして、女性ホルモンが減っていくこともまた、肌や体調、様々な面で変化をもたらしていきます。

この「女性ホルモン」をしっかり意識してみるのも、30代に必要なことのひとつなのです。

女性ホルモンが減り始めることで、起こってくること

女性ホルモンは「女性らしさ」に大きく影響を及ぼすホルモンです。
生理終了から排卵まで多く出てくるホルモンであるエストロゲンという女性ホルモンなどは

  • ウエストのくびれを作ったり
  • 胸やお尻などの丸みを作ったり
  • 女性の集中力を高めたり
  • むだ毛を調節したり
  • 肌にツヤやハリを与えたり

女性がはつらつと元気でいること全体に影響するものです。

このホルモン量が減ってくるというのは、残念ながらそれと反対のことが起こってくるのです。

たとえば、「中年太り」とよく言われるウエストがなくなって寸胴体型になってくるという状態も、女性ホルモンが減ることも少なからず影響しています。 
筋肉も衰えはじめるため、基礎代謝が落ち、太りやすくなるという面も確かにあるのですが、それだけが原因ではないのです。
(女性のウエストのくびれは、男性の体が引き締まっているのとはまた違う状態であるのも同じことです)

いろいろな要因がからみあうので、どんな風に影響が出てくるかは個人差が大きいです。 
でも、女性ホルモンが減少しはじめて大きな変化が起き始めるのはどんな人にも起こることだと自覚しておきましょう。

肌への影響が出てくるのはハリ・ツヤの減少だけじゃない。
肌は敏感になりやすくなる

女性ホルモンが減少することで、肌のハリやツヤは失われます。
でも、それ以上に大きく影響を及ぼしてくることが多いのが、刺激に対する肌の反応、つまり肌の敏感になりやすさです。

ホルモンバランスが崩れると、肌から水分が失われやすくなり、肌のバリア機能が低下します
このバリアが低下した肌は、肌に受けた刺激がモロに影響を及ぼすようになるため、肌が敏感になりやすくなったように感じます。
これまで大丈夫だった化粧品が、急に肌に合わなくなったように感じる方も多いかもしれません。

肌の敏感さは、ストレスや食生活などにも大きく影響するものですが…。 
生活習慣を改めつつも、無理に同じ化粧品を使い続けるのではなく、より肌に優しいスキンケアアイテムを使うようにしていきましょう。