スペシャルケア:手遅れになる前の「攻め」のスキンケア

日々のスキンケアが「守り」なら、1週間〜10日に1度のスペシャルケアは「攻め」です。

肌を守り、基盤をしっかり元気を保てるようなスキンケアを毎日少しずつ行います。
そして、たまに自分の肌の深刻な悩みを解決するような刺激を肌に与えるのです。 
誰でも間違いなく落ちてくる肌の代謝を促進するような刺激も、このスペシャルケアで与えると負担も少なく効率的です。

もちろん、一発逆転のスキンケアなどは存在しません。
でも、定期的にそんなスペシャルケアを行うことで、より良いサイクルを生み出し、肌をより良い状態に保てるように繋げていけるのだと思います。

30代のスペシャルケアの基本はピーリングと栄養補給

スペシャルケアといっても、いつも以上にしっかりとした保湿やマッサージが必要なわけではありません。

20代後半くらいをピークに、肌は代謝の速度ががくんと落ちてきます。 
「肌のターンオーバーは28日周期」と言いますが、これはほぼ20代までの話です。 
30代以降はどんどん速度を落としていき、40代半ば頃には45日以上かかる人も出てくるものです。

そのため、スペシャルケアとして、古くなった角質を無理矢理落とし、代謝を促進することが推奨されているのです。

角質を落とすには、ピーリングが肌への負担も少なく、ちょうど良いです。 

  • 肌のごわつきを緩和させることができる
  • 保湿重視のスキンケアがより生きやすくなる
  • 肌の代謝促進が期待できる

日々のスキンケアをより効率良く行うサポートができ、じわじわ助かってくると思います。

スポンサーリンク

必要な成分は「フルーツ酸」という比較的リーズナブルな成分です。 
ピーリング剤はコスト的にも安いものから高いものまでいろいろありますが、安いものでも肌に合っていれば問題はありません。 
高級なものをわざわざ使わなくても効果を期待できる、続けやすいスキンケアなのも嬉しいポイントです。

美白美容液やエイジングケア美容液をスペシャルケアで使うのも◎

美白成分やエイジングケアの成分は、普通のスキンケアに使われる成分よりも少し、刺激になりやすいことが多いです。30代になる前から、美白のスキンケアはなかなか肌に合わなくて使いにくい…と感じたことがある方も多いかもしれません。

でも、これを週に1、2回、スペシャルケアとして使うようにすると、肌への負担やコストパフォーマンス的にちょうど良い使い心地で、継続していけることが多いです。  エイジングケアとして広く知られる成分も、30代くらいの肌にはまだまだ生かしきれることが少ないものです。
でも、スペシャルケアで使うのには、美白ケアと同じく、費用対効果に見合うようになるでしょう。

普段使いしづらいような美容液を贅沢に使うチャンスとして、週に1度のスペシャルケアを楽しんでみるのもまた、30代ならではのスキンケアとしてとても良いことだと思います。

スポンサーリンク