30代の肌に必要なことは、低刺激・保水力・ターンオーバー

それでは実際、30代の肌に必要なケアとは具体的にどんなことなのでしょうか。

30代の肌には、少しずつですが確実に変化が起こってきます。 
それは肌自体の変化でもありますが、体の中の変化によるものも大きいです。 
個人差はとてもありますが、「衰え」が表面的にもはじまってきてしまうのです。

そう考えると少し憂鬱な気分になってしまうかもしれませんが、しっかり意識すればそのスピードは確実に遅らせられます。 

今までとは少し違うことを自覚して、現在の状態に合ったケアに変えていきましょう。

肌に起こってくる変化に対応できるように、あらかじめ対策しておくのが大切

30代の肌に必要なスキンケアのポイントはこの3つです。

  • 低刺激を心がけること
  • 肌の保水力を高めること
  • 肌のターンオーバーを促すこと

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

低刺激であること(ホルモンバランスの変化で肌が敏感になりがち)
ホルモンバランスが変化して肌が敏感になってしまうのは、主に30代半ば頃から起こってくることが多いようです。
もし使っている化粧品で刺激を感じたり肌が荒れたりすることがあれば、今の肌に合わなくなってきたのかもません。より低刺激に使えるよう工夫されている化粧品を選ぶと良いと思います。
ただ、ただ「無添加」や「オーガニック」なのが肌に優しいとは限りません。
自分が使ってみて気持ちが良いかどうか、機能的に満足できるかなど、冷静に先入観なしに判断することも大切なのではないかと思います。
保水力を高めること(肌が水分を保ち続ける機能が徐々に低下する)
30代の肌は、肌から水分がどんどん抜けていくことを実感しやすい時期です。 
肌の水分量が全体的に減る、という問題もありますが、それ以上に大変なのが「肌に水分を与えても、きちんと保持し続ける機能自体が衰えてくる」ことです。 
肌がより長い時間水分を蓄えておけるように、自らが水分を抱え込める成分(ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど)をスキンケアに取り入れておくと、肌が乾燥によって受けるダメージも抑えられ、肌を健やかに保てる可能性が高まるでしょう。 
肌のトラブルの多くは、乾燥がきっかけになっていることが多いです。
これからのためにもその「乾燥」をできるだけ防ぐことが、何よりもまず大切なのです。

ターンオーバーを促進する(代謝が確実に落ちてくるので、肌も滞りがちに)
年齢を重ねるとよく感じることに「代謝が悪くなる」ということがあります。それは肌ももちろん同じです。
「肌の代謝は28日周期」とはよく言われますが、それは健康で若い肌だけのこと。 
30代以降はこの周期もどんどん遅くなり、40〜50代には代謝の周期も40日以上になると言われています。
肌の代謝は、健康的な生活や適度な運動によって促されるものですが、肌の代謝を上げる「きっかけ」なら、スキンケアでも作っていくことは可能です。
のんびり鈍くなってしまいがちな肌に、定期的なスペシャルケアなどで刺激を与えるのも、30代以降ならでは、の大切な「攻めのスキンケア」になっていくと思います。

ストレスをためない、無理をしないのも、日々のケアとして大切なこと

30代の肌に必要なのは、低刺激・保水力・ターンオーバー イメージ

これは別に、30代になったら必ず注意すべきことというわけではありません。 
年代に関わらず、普段からできるだけ意識しておくと、肌を健やかな状態に保つことにもつながってくることです。 
30代以降、年齢に負けないためのスキンケアとして、裏技はない、ということなのだと思います。

一方で、ストレスになるような無理をしないのも、健やかな状態をキープして老化を遅らせるのには大切なことです。 
スキンケアでなんとしても老化を阻止しよう!と躍起になっても良いことはない、と自覚しておくのも必要だと思います。

それに、保水力(保湿力)の高いスキンケア化粧品を選ぶこと、日々のケアでターンオーバーを起こしやすくしていくことは、意外と手軽に導入していけることです。 
(低刺激であるか否かは、合う・合わないがあるので、事前に考えるのは少し難しいですが…。) 
できることから少しずつ、無理をしない範囲で毎日のケアとして導入していくのが良いのだと思います。