洗顔:30代は見直し時!肌がごわつく時の対処法も

洗顔やクレンジングはついつい、 
「汚れさえ落ちれば良い」「できるだけしっかり汚れが落ちるものを!」 
と考えてしまいがちです。

でも、30代は肌から水分や皮脂まで抜けていくのが表面的にあらわれてくる年代です。 
しっかり汚れを落とすことが、必要な皮脂や角質まで落としてしまうことにつながり、逆に肌に負担を与えることがあるのです。

しっかり汚れを落とすことよりも、必要最低限の汚れを最低限の負担で落とせることが肌を守る大切なポイントになると思います。

洗顔は「さっぱりした洗い上がり」くらいのものを選ぶと良い

近頃は、洗顔でも「美容液成分配合」など、美容成分が配合されているものや洗い上がりのしっとり感を追求されているものもかなり多く出てきています。 
乾燥などが気になってくる年代だからこそ、洗顔にしっとり感を求める方も多いのかもしれません。

でも、実際は突っ張らない程度にさっぱり洗い上げられる洗顔を選んだ方が良いです。

一見、洗顔で美容成分を補給できたら効率が良いように感じるかもしれません。でも洗顔後は基本的に「しっかり泡を洗い流す」ので、美容成分だってもちろん、流れていってしまいます
また、余分な油分が肌に残ったりすることで、その後行うスキンケアの邪魔をしてしまう可能性も大きいです。もし洗浄が不十分で肌に余計な油分が残ってしまったら、その油分は老化の元へとなってしまいます。

洗顔は「必要な汚れをさっぱり洗い流す」のが目的です。
スキンケアで美容成分の補給や保湿などを行えれば良いので、それを邪魔しない洗顔ができることが大切です。

もちろん、つっぱるなどピリピリ刺激を感じるのはよくありませんが…。 
洗顔はスキンケアのためのステップとして、全体的な流れを見ながら選ぶのが良いと思います。

スポンサーリンク

洗顔のキモは「泡」。ゆで卵を洗うくらいの気持ちで

どんなに良い洗顔石けんを使っていても、洗顔方法が悪いと結局、肌に負担をかけて老化のスピードを早めるものです。 

大切なのはこれでもか!と思うほどの泡で、優しくこすらず洗い上げ、しっかり洗い流すことです。

  • スカスカ感のない、こってりした泡をできるだけたくさん泡立てる
  • 手で洗うのではなく、泡をころかしていくようにで顔全体に泡をなじませる
    (ゆで卵を洗っているくらいの力で)
  • 鼻の付け根などは泡が少しなじみにくいので、少し注意しながら洗う
  • すすぎも手でこすらない、お湯をかける顔にくらいに(でもしっかり洗い流す)
  • 洗った後、タオルで拭き取るときも押さえるように。こするのは厳禁!

30代にもなると、肌の水分量が減るので朝は水だけで洗顔すれば良いという考え方もあるようですが、そのせいで汚れをしっかり落とせず、残った汚れが元でくすみや肌荒れを引き起こしてしまう可能性も高まります
落ちてしまった潤いや皮脂はスキンケアでしっかり補うつもりで、朝も晩もちゃんと洗顔した方が肌にも良いです。

洗顔は、肌をリセットするためのとても基本的なスキンケアです。 
肌への負担を軽減しつつ、本来の役割である「汚れを落とす」ことに集中できるように。 
余計なことを取り除いて、シンプルな方法にしていくのが何より大切なのだと思います。

洗顔を選ぶときの最終的なポイントは、「泡の質」かもしれない…

洗顔はとにかくこすらないこと、でもきちんと汚れを落とすことが大切です。 
それには、泡がしっかりたてられるかがとても大切なポイントになります。

  • 密度の高いむっちりした泡がたつかどうか
  • 少しの量でも泡立つかどうか(コストパフォーマンスに見合うかどうか)
  • 洗っている泡がピリピリしたりしないか
  • 洗い上がりがさっぱりしているか(油分が残っている感じがしないか)
  • コストパフォーマンスに見合うと感じられるか

30代だからといって無理して良いものを…、と考える必要はないです。 
自分が使っていて負担にならないものを、できるだけ長く安定して使い続けていけることを優先するのが大切です。

スポンサーリンク