クレンジング:30代だからこそ最低限、低刺激で。

普段、スキンケアを気にしている人でも、クレンジングは洗浄力重視で選んでいる方も多いかもしれません。

でも、最近は化粧品もお湯だけで落とせるもの、石けんで落とせるものも増えています。
そこまで「高い洗浄力」である必要もなくなってきているのです。

もちろん、高い洗浄力であればあるほど、肌への負担も大きいです。

肌のバリア機能自体が低下してきている30代くらいからは、洗浄力よりも肌への負担を考えてクレンジング選びをすること、そして、それを肌に負担の少ない使い方をしていくことが大切です。

30代にとって、オイルクレンジングは負担が大きすぎる。
拭き取りタイプも刺激が強すぎ

しっかりメイクの場合、メイクは残らずしっかり落とさなければ!と考えられがちです。 
でも、オイルクレンジングはオイルにかなり強めの洗浄剤が含まれていることが多く、肌につける時間が長ければ長いほど負担が大きくなると言っても過言ではありません。  
(だからといって洗浄成分が含まれない、ただのオイルでは、洗浄力が弱すぎてメイクを落とすのに向きません)

拭き取りタイプもまた、拭き取るだけでメイクが落ちるほど強い洗浄力をもつメイク落としなので同じです。
さらに、肌に負担を増してしまう「こする」作業が必要になるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

30代以降の人が使った方が良いと思うのは、こっくりしたクリームの洗い流すタイプのクレンジングです。

  • こっくりしたクリーム系のクレンジング
  • もちろん、洗い流すタイプ
  • ゲルタイプのクレンジングも可
  • ある程度はしっかりとした洗浄力があるものを(洗浄能力のないオイルなどは×)

とにかく、肌をこすらないで済むように、できるだけ短時間で終えられるようにを大切に考えて選ぶと良いと思います。

肌への負担もとことん減らすため、クレンジングの方法も最短で優しく

クレンジング:30代だからこそ最低限、低刺激で。のイメージ

肌をこすることも、肌への大きな負担になります。 
皮膚を保護する機能が低下してくるこの時期ならなおさら。

この負担を最低限におさえるためには、クレンジングを1分程度で終わらせることです。

  • 少し多めにクレンジングを使う(こすらなくても全体になじませられるように)
  • おでこ→鼻(Tゾーン)→頬→あご(Uゾーン)→口元→目元の順でなじませていけるのが理想的
  • 特に皮膚が他より薄い目元、口元は絶対にゴシゴシこすらないように。
  • メイクが落ちにくい場所は、オリーブオイルなどで事前にパッティングしておくと落としやすくなる

ポイントは、クレンジングだけでメイクを落としきろうとしないこと。 
洗顔をしてはじめて「さっぱり全部落ちた」くらいで十分、顔についた汚れやほこりも一緒に取れるんだそうです。

ついつい、メイクと顔の汚れは別々に考えてしまいがちですが、落とし過ぎ・こすり過ぎを防ぐにはこれくらいで良い、という認識を持つことも大切だと思います。

ちなみに、BBクリームでも洗顔だけでは肌に残りがちなので、できれば1度はクレンジングしておいた方が安心です。
石けんで落ちる、と言われていても、ベースが油なので落ちにくいものが多いです。 
あとで後悔しないためにも、用心しておくに越したことはありません。