毎日のスキンケア:30代からは丁寧に、簡潔に。

スキンケアは、肌質に合わせてさっぱりさせたり皮脂をおさえるようなケアをしたり…。 
これまでは自分の肌質から、スキンケア化粧品を選んでいたかもしれません。

30代以降でももちろん、自分の肌に合うことはとても大切ですが…。 
でも大前提として「しっかり保湿できること」を加えるのが、最大の特徴なのではないかと思います。

それから、できるだけスキンケアをシンプルにしておくこと。 
細かい肌の悩みを解決していくよりも、肌の基盤をできるだけ元気に崩れにくくしておくことを念頭に置くと良さそうです。

毎日のスキンケアは「守り」で。
肌に負担をかけず、しっかり保湿できることが大切

  • 肌を自分が「これで十分!」と思えるまでしっかり保湿ができること
  • 体の中(ホルモンバランスなど)の変化で肌が敏感になっても続けられること
  • 肌に刺激や(紫外線などの)ダメージをこれ以上増やさないよう、努力すること

これが30代の方が毎日のスキンケアで意識すれば良いことです。

肌の悩みを解決できるような万全のケアである必要はありません。 
ただ、肌の悩みの多くは乾燥が原因になっていることが多く、30代以降はその傾向がより強くなっていくのです。 
(シワやくすみ、毛穴やテカリなどでもしっかり保湿することで解消していくことが多い) 

なので、肌の基盤をしっかりと=しっかり保湿しておくことで正常に向かうと考えていきましょう!
実は敏感肌ですら、保湿をしっかり行っていくことで改善されていくものです。
お肌の曲がり角の30代だからこそ、「何よりもまず、保湿」というスキンケアを大切に。

忘れてはいけないのは肌の保湿は、水分油分を与えるのではなく、保湿成分を補給し続けることだということ。肌にもともとあるセラミドやコラーゲンまで減っていく年代だからこそ、あらためてこれを意識し直すと良いと思います。

でも、オーガニックや敏感肌用でなくても良い。
大事なのは自分の肌と生活スタイルに合っていること

毎日のスキンケア:30代からは丁寧に、簡潔に。 イメージ

ただ、「肌に優しく」「しっかり保湿を」と言っても、オーガニック化粧品である必要も、化粧水からクリームまでフルラインそろえたスキンケアでなくても問題はありません。 

スキンケアが負担になってしまっては意味がありません。 
生活スタイルも個人差が大きくなっていく年代でもある30代。
スキンケアにばかりお金をかけられない!ということももちろんあるでしょう。時間的に余裕がない…というのもこの年代は特に多く聞く悩みだというのは誰でも同じ。もしそうなら、オールインワンゲルを使ったり、手頃で質の良いスキンケアを探したりすれば良いです。便利なアイテムを活用しない手はありません。

日々のスキンケアでは、「しっかり保湿」と「肌を元気に」を目的とすればOKです。
(欲張らないこと) 

完璧に、失敗しないように、こそが失敗のもとです。
一発逆転のスキンケアは存在しないので、日頃のスキンケアの積み重ねで少しずつより良い状態を目指せることを念頭に置いて、積み重ねていきましょう。